今日は御自宅の大規模リフォームをした友人宅を友だちと訪問しました。

  私は何度か伺い、泊めて貰った事もあるので、いわば勝手知ったるお宅なので、ビフォーアフターの違いにびっくり。

  友人たちは初めてなので、素敵さにびっくり。

  どっちに転んでもびっくり。
  我が家水準では、以前のお宅でも十二分にうらやましい状態でしたが、フルリフォーム後はハイテクと木のあたたかみが融合した、まるでリゾート!というような素敵さになっていました。

 海が大好きな友だちらしく、外壁の色も以前の落ち着いた感じから、きれいなブルー系へ。まず玄関ドアがヨーロッパの古いおうちにありげな素敵な木製ドア、と思ったら、これが実は金属。今の加工技術では、木のぬくもりを出しながら、防犯上もバッチリのドアが出来るんですね〜。これまたびっくり!

  玄関のサイズ感は以前と同じですが、壁、床材が一変。自然素材の塗り壁に無垢のフローリング。うらやまー!

  ご主人のご両親の家に手を入れながら住んでいたので、以前はリビングダイニングの横に和室がありましたが、仕切りを取り払い、ワンフロアーに。ただし、以前の和室部分は引き込みの戸を閉じればお泊りのお客様対応出来るようです。

  構造上、取り払えない壁も上手に生かし、アーチ型にくり抜いてあるので、ゆるい間仕切りになりつつ、ヨーロッパのリゾートみたいな感じになっています。落ち着いた雰囲気のおしゃれな照明、新調の食卓と椅子。

  窓は二重にしたそうで、以前もうるさい場所ではなかったのですが、もはや、外の音がほとんど聞こえません。

  床暖房も入るそうです。

  2階は予算不足で無垢は無理だったという床ですが、違和感ない色合いですし、2階には機能的でシティーホテルみたいな部屋あり、北欧風のシンプルウォームな部屋あり。そして、開かずの間はコレクターの長男さんのお部屋!(^w^)

  何よりうらやましかったのはウォークインクロゼットに衣類がすっきり収まっている事でした。

 トイレやお風呂、洗面所ももちろんリフォームされていて、お風呂なぞはちょっとした保養所くらいのゆとりがありそうに見えました。

 食洗機はじめ、いろいろな最新設備を揃えていて、照明器具も白熱灯の色なんですが、今までと比べ光熱費がかなり減ったそうです。

  しかも、外出先から、スマホで家の状態をチェックしたり、鍵はカードキー。ひぇ〜〜〜!

  我が家はバブルの値上がり期の分譲マンションで、コストの関係から、竣工時にすでに時代遅れな部分がありましたが(/_;)、もはや隔世の感。

  これなら家がリゾート、心のオアシス、あちこち出歩かなくてもだよね〜!と思いますが、何しろ徒歩圏にあれこれ素敵なお店、おいしいお店があるので、お散歩は楽しいし、ついつい財布の紐も緩むそうです。

  ここに来て、おもむろにすっぱい葡萄教教祖となり、あー、よかった、うちの周りにゃ素敵な店がないぞ!年金暮らしの破綻危機が遠のいた!とさびしくも胸を撫で下ろすのでした(笑)。

[画像:95e6d693-s.jpg]

  お昼はリゾートなおうちに相応しいホットサンド皮切りの南欧風。食べたり、飲んだり(←ソフトドリンクです)、それにも増して喋ったり。

 大変に楽しい一日でした。

 お金の使いところをわかってる、生活を楽しむ友人宅は、大変すてきでした。

 
  今の我が家では、このようなすてきハウスに住む未来は全く見えませんが、直ぐに出来る事は、少ない収納に合わせ、ものを減らす、増やさない事でありますよ!キッパリ&トホホ💦