最近、京都より名古屋へ行く頻度が増えました。京都だと、さすがに昼行バスだとあまりに時間がかかり過ぎて乗車する気にならないし、このところの体力では夜行バスもきついので、ついつい新幹線利用となってしまいますが、名古屋くらいの距離だと、コトコト各駅停車に乗り継いだり、昼間のバスに乗ったり・・・とあの手この手で、交通費を削ろうと思ってしまいます。

 いっときご無沙汰だった高速バスですが、この8月にTHE ICEを見に行くときも、新幹線もったいない、でも、各駅停車でコトコトはきつそう・・と迷っていた時に、ウィラートラベルのサイトを見たら、当日料金2000円というのを見つけ、飛びついてしまいました。

 前提として、コトコト各駅停車を乗り継いだり、バス利用の時は前泊するというのがあるのですが、その前泊は東横インのポイントでタダ、もしくは手持ちの交換品のギフト券を利用して、実質宿代1000円未満に抑えたりするところがミソです。
 
 ここでギフト券を使えないホテルを使っても、ホテル自体の宿泊料が6000円程度ならば、エクスプレス予約で当日に新幹線に乗車したのとトントンになります。

 ところで、悩ましいのは毎年正月のお楽しみの名古屋フェスティバル。こちらは教育委員会のお墨付きで、海外選手の招へいがなく、ライティング等、凝った演出もないので、実にお手頃価格でチケットが手に入ります。

 が、正月という時期は高齢者に何かしら起こりやすい時期故、万が一、いや10が一のリスクを考えると、ケチンボな上に小心者で面倒くさがりの私はどうしてもいい席を確保出来ません。そこで、とても割の良い3500円のB席というのを買うのですが(初日に購入すれば、B席の1番目の列が確保出来て、他の競技やアイスショーのS席くらいに相当する見え方なのです)、そのために新幹線使うのかよ〜という話になります。

 2016年の正月には判断出遅れの結果、ぷらっとこだまが買えず、エクスプレス予約を通して、こだまのグリーン車使う羽目になりました。が、それだけのコストをかけた事に対するご褒美なのか(?)、何と握手会に当選してしまって、小塚選手をはじめとする花形選手の皆さんと握手出来て、そりゃ幸せ。損した感皆無でご機嫌になれました。

 今年の正月は各駅停車を使い、途中からこだまを利用という甚だ半端な往路。復路は豊橋の友人と再会し、そのまま各駅停車で帰宅の根性発揮でした。

 さて、来年の正月の事を言っても鬼が笑わない位の時期になりましたが、やっぱり一応チケットは押さえてしまいました。もう発作みたいなものです。そして、相変わらずB席1列目。3500円なり〜(と言っても、発券手数料やら何やら、ぼったくられるので、実際は3900円弱になりますが)。

 それに対して、いかに交通費を少なくするか・・・しかし! 自分に対してのお年玉という事は、世間も正月でして、きわめて残念ながら、格安バスってないのですよ。バス会社にとっては稼ぎ時。正月休みから戻られる方たちが多数利用するのでしょうし。

 コツコツ各駅停車利用かなと思いつつ、ただいま自分史上かつてない腰痛持ちの身としては、新幹線利用も考えてしまいます。

  出来るだけ安く・・・って言っても、名古屋は案外と安くないですね。エクスプレス予約のEX21割という、21日前までの割安料金というので新横浜→名古屋は8600円。通常料金9460円。いったん予約して取り消すと310円。う〜む。エクスプレス予約利用だと、往復で17200円が最安値。

  そこで、名古屋、日帰り、格安の文字を入れてヒットした旅行会社、JR東海ツアーズをはじめとして、2,3チェックしましたが、残念! やっぱり正月休みギリギリの日なので、設定ありません。
  
  そのうちにJR東海ツアーズのサイトで見つけたのが、名古屋の手前で止まるツアー。ワンデーで岡崎までの往復が11,400円(税込)。もちろん、こだまかひかりオンリーで、豊橋下車で豊橋から岡崎までは普通列車で。調べたら岡崎から会場となるガイシアリーナのある笠寺まではJRで片道540円。往復で1080円。って事は12480円で経路の主な部分で新幹線が利用できるという・・・

   ちなみに豊橋で止まるツアーの場合、10800円ですが、豊橋から笠寺はJRで片道1140円。合計13080円になります。また、三河安城というのもありました。12200円。三河安城→笠寺は410円。合計13020円。

 という訳で、1番安上がりなのが岡崎までのツアーを利用して、そこから笠寺まで行くとなりそうです。

 ただし!

 問題その1:豊橋から笠寺までずっと1本の列車で移動できるはずなのですが、ツアー商品ですから、一度岡崎で降りて、乗車券を新たに買いなおさなくてはいけない可能性もあります(お金、ちゃんと払うから、そのまま乗せて〜というのが本音です)。これ、行き帰り共、いったん下車をやると、そこで時間のロスがかなり生じそうです。休日ダイヤですから、恐らく10分程度の遅れでは済まないでしょう。

 問題その2:そもそもこだまやひかりの終電は早い。

 アイスショーの開始時間が18時から。今年は結構盛り上がって、会場出る時には21時くらいにはなっていたような記憶があります。となると・・・そこから、急いで上り列車に乗り、岡崎について、いったん下車して、豊橋へ・・・って、かなり危なっかしそう。

 ガ〜ン! 豊橋発東京行き21時2分。

 この時点で、完全にこの目論見は完全にアウトです。

 念のため、次善の三河安城の最終を調べますと・・・20:44。21:02に豊橋に着く列車ですな。

・・・という訳で、格安で新幹線も利用出来てという日帰り計画は机上の空論で終わりました。


 なんのこっちゃない、1泊泊って、コツコツ移動するか、けちけちせずにエクスプレス予約で、名古屋からの最終列車の22:12に乗るっきゃないでしょうが! あるいは運よく、夜行のバスに乗れたら、多少高くとも、9000円まではかかるまい。


・・・とこのように、頭の中であれこれガチャガチャするのが、けちんぼの習い性となっております。

 なぜとっととEX21割を確保しないかと言えば、名フェスお楽しみ企画の選手の練習見学の抽選に申し込んでしまったから。これが当たれば新幹線で移動したいけど、外れたら夕方に着けばいいのだから、コツコツ移動でもいっか〜というところなのです。

 それと、だらしない性格のせいか、どうも「この列車」と決めて出るのが苦手なんですね。バスの場合は新幹線利用に比べかなりの安さですから「このバス」のために根性を出して、駆けつけるのですが、EX21割と通常のエクスプレス予約の価格差が860円。ほんのたま〜の1日の860円のためにあくせくするのは嫌なんですわ(復路は、コヅ友さんとパタッと会って、ちょっと盛り上がったりする可能性も考えて、実ははなからEX21割を使う気がない(^^ゞ)。

 あ〜だ、こ〜だと、頭の中で言い訳したりしつつ、結構悩むんですが、実際は能天気な話。本質的な苦労や、しんどさとは無縁のレベルですから、本当にパズルをやってるようなものです。タイトルのパズルから、乗り物を組み立てるパズルを想像なさった方、申し訳ございません。


 3500円強に往復交通費20000円近く掛けるのバカだよなぁ・・・と思いながら、行けば絶対に楽しいので、やめられないのです。こういうのを本末転倒のケチと申します。

 皆さま、決して真似をしないように。

人気blogランキングへ