初売りも福袋もなんもない恒例のじみーなお正月だよ、と思っていましたが、よく考えたら、一般的なそれに当たるのが名古屋フェスティバルに来るのにコストかける、だったんですね(名古屋フェスティバルは自分へお年玉)。

  発券手数料込みで4000円弱の観覧券のために一万円以上かけるってどーよ!(笑)
IMG_20180106_160653
  しかし、子供時代に祖父が松が取れるか取れないかくらいに出先で倒れ昏睡後に星になってしまった、近年は父が元日の誕生日の二日前に星になっちゃった、という経験から、高齢者に正月時期はハイリスクが染み付いていて、大正生まれの義母が存命なため、ついつい安いチケットをポチってしまいます。

  で、結局は無事に出られめでたしめでたし!(有り体に言うと奮発したとたん何かあるんでは?という逆現担ぎ💦)

  往路は高速バスでホテルに一旦チェックインして会場へ。

  先月グランプリファイナルを見たガイシホールはDREAMS COME TRUEのコンサート、名古屋フェスティバルはいつものガイシアリーナで、公開練習の抽選に当選して早めに来場した人は電車が激混みだったそうです。   開場時間少し過ぎて行ったら、残念、先着500人に配布の握手抽選券、終わってました。事前申し込みの公開練習も外れました。
  第一部はノービス、Jr.の選手たち。それがトップバッターからいきなりノーミスでうまいの、何の。

    知識はゼロながら、テレビ観戦だけはかなり昔からなので、転ばないで!と祈るばかりだった昔の日本のスケーターから思うと本当に感慨深いです。

  日本には根付いていなかった競技が名実ともに人気の競技になるまで、選手や関係各位の努力がすごかったんだろうなと改めて思います。

  本田きょうだいの末っ子さらちゃんも出演。かわいかったです。

  製氷前に恒例の愛知県の功労賞で愛知県の選手を表彰。その後昨年12月に練習を始めたばかり(と聞こえました)のシンクロチームのお披露目。

  オリンピック競技に採択されたので、との事で、もともとシングル以外の練習環境が厳しい日本ですが、かつての先輩達が積み上げて来たように頑張って!

  製氷がいつのまにか終わっていて、最初の紹介を聞きそびれましたが、トリプルアクセルの紀平さんからシニアの部(紀平さんはオリンピック参加資格に満たないJr.年齢だけど、全日本3位なので)開始。

  特に出色だったのが、ミーシャ・ジーが振り付けたという本郷理華選手のEX。彼女の良さをすごくわかってるなぁと。情熱を込めて、のびのびいきいきと踊っていました。スタオベ多々。

  無良選手にも声援多々。氷上席があってリンク面積が減っているので、無良君みたいなダイナミックなジャンパーにはちょっとしんどそうだけど、とにかくステップがすごい。司会をした愛知県スケート連盟の先生がこれほど男らしいスケートをする選手はいないとおっしゃっていたけれど、本当に!

  見どころは多々あり、可憐な三原さんや華のある真凜さん、シャイさが出てるイケメン日野選手などなど、目離しならないのですが、時の人のオーラがすごかったのが、オリンピック代表に選ばれた坂本さんと田中さん。

  特に田中選手は4年前の四大陸は期待枠で出場で、ワンツーフィニッシュの無良くん、小塚さんとは失礼ながらかなりの差がありましたが、自信に満ちて輝いていました。四年は早い!

  流山で小塚さんがスケート指導トークをするイベントがあった日なので、コヅ友さんとは全く遭遇しないな、と思っていたら地元在住の方と終演後の出口あたりでお会い出来て、名古屋駅の構内できしめん食べておしゃべり出来ました。
IMG_20180106_213723
 ホテルに戻ってバタンキューのはずが、やっぱりテンション上がって、日付が変わってから寝床に入りました。

  王様状態で2席独り占め、後ろは無人でリクライニングし放題のバスの車窓から富士山を見たりするのも含め、大変、楽しい一日でした。


✳高速バスは当日朝の予約でたたき売り値段を期待しましたが、さすがに空席多めな中、たたき売りでは大赤字だからか、通常価格でした。
  

  
人気blogランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字