開花がえらく遅かった昨年と違い、今年の桜はかなり早いです。しかも、例年は温暖な横浜の方が満開になるのが早いのに、今年は東京が先に満開になったようです。 気象情報の受け売りで言うと、寒さが厳しい後に、急に気温が上がると、一気に開花するという事で、この冬の寒さが東京の方が厳しかったからこその現象なのでしょう。

  そして、近々夏日も予測されるほどの、この数日のあったかぶりで、満開の時期もあっという間に終わりそうというので、今日はお花見日に決定。急なお誘いを友人が受けてくれてました。

IMG_20180327_113129


  行先は、ここ5年ほどで、屋台なども出てえらくにぎやかな場所となった大岡川沿いの桜並木
IMG_20180327_170932


IMG_20180327_170937


 川沿いに出る前に、まず、2月に三浦海岸の河津桜を見た時に、駅でもらった縦長パンフレットにスタンプを押し、大岡川の桜の季節に日ノ出町の友人改札で貰えるという桜金太郎あめをいただいて来ました。

 こういうのはすかさず見つける奴です。京急さん太っ腹! 開けてみたら、桜がかわいくて、甘酸っぱい美味しいお味でした。東京は根岸の金太郎飴本店が製造元です。嬉しい!ヽ(^o^)丿

 それから川沿いに出て、河口に近い側から川上方向へ花を見ながら歩いていくことにしました。

IMG_20180327_120612


IMG_20180327_120616


 友人も私もごみごみしているのが苦手。屋台のない側を歩きましたが、河口に近いところはカモメがたくさん集まっていて、残念ながら、時々ごみもぷかぷかしていました。

 スタンドアップパドルボードやこの時期限定の遊覧船も漕ぎ出していて、川面も普段より賑わっていました。遊覧船、2000円というお値段に「手が出ないね」と思ってしまう二人組。大阪の大川の桜を見ながらの遊覧船は1000円だったので、お手頃価格に思われましたが、2000円となるとすんなり出せないのは、旅らしさを感じない近場のせいもあったのでしょうか?(年金暮らしのせいです!!)

IMG_20180327_123230


 1時間くらいゆっくり歩いて、立ち寄ったのは、横浜市がバックアップしている自立支援のためのカフェ、めぐカフェ

 ここがレンタルキッチンもやっていた頃、今、手芸カフェを主催している友人たちがお試しで数回カフェをオープンして、お手伝いをした事もあるちょっと懐かしい場所で、今の時期はガラス張りの天井の高いカフェスペースから外を見ると、桜の花がきれいです。

 ワンコインでスープと美味しいパンとワンドリンクが付きますが、ちょっと甘いものが欲しいので、特製さくらあんパンも追加。米粉のモチッとしたパンでした。

IMG_20180327_124240


  お腹を満たして、また川沿いの散策再開。

IMG_20180327_133041


  少し川幅が狭くなり、川が蛇行している箇所では、桜が重なって、霞のように見えて、なかなかきれいでした。

IMG_20180327_134744


IMG_20180327_135409


 友人に教えてもらって初めて知ったのですが、ジンダイアケボノという桜の種類があるのです。帰宅してからチェックしたら、ソメイヨシノと花期が同じころで、花の感じも似ている種類だけれど、ソメイヨシノのように根が広がらないし、てんぐす病にもなりにくく、樹勢の衰えからあちこちで伐採されてしまったソメイヨシノの代わりにこの種類を植えることが推奨されているそうです。

 桜並木の最終地点の少し手前、弘明寺のかんのん商店街で散策を終えて、門前町風の賑わいを見せる今どき珍しく元気な商店街「かんのん通り」のコスパの良いお花屋さんで買い物をしたり、激安な洋服店を覗いたりしつつ、弘明寺にお参り。その後、駅そばのサンマルクカフェでパフェを食べてお花見を締めくくりました。

IMG_20180327_150237


 普段はパフェは滅多に食べませんが、今日はダラダラ歩きとはいえ、歩数計は12500歩を越え、ちょっと疲れたので、甘いパフェはとっても美味しかった!

 旅先の桜をめでるのは大変に風情がありますが、近場の桜を気楽に楽しむのも良いですね♪

人気blogランキングへ