以前から、瑠璃唐草という美しい名前を持つネモフィラのブルーは大好きでした。いつ頃からだったか定かに覚えてはいませんが、ネモフィラを広域に植えて人々の目を楽しませるというのがブームとなり、特にひたち海浜公園のネモフィラはここ数年非常に有名、大人気になっていて、いつかは行きたいと思っていました。

IMG_20180420_154021



 が、花期がほぼゴールデンウィークに合致し、ゴールデンウィークと言えば、八ヶ岳に行くのが常態だったため、なかなか見に行くことが出来ないでいました。

 昨年は桜の開花の遅さに泣かされ(吉野0本桜など)、今年の桜の花期の早さと替わってくれりゃよかったのにとブツクサ言ってましたが、その分、ネモフィラの花期も早まって、うまい具合にゴールデンウィーク前の本日催行の、バスツアーに参加と相成りました。やったね!(^_^)v
  このツアー、いちご狩り、あみプレミアムアウトレットで買い物兼、昼食を経て、ひたち海浜公園へとまわる旅程で、昼食自弁な割には8900円と、私基準では決してお安くはないのですが、3か所しか回らない分、めちゃくちゃ追われる感じがないのが取り柄で、中学時代からの友人と二人連れで楽しみました。

 横浜から、広大な茨城県って、同じ関東地方と言っても、結構時間がかかりますね。関東になったり、中部になったり、まるでイソップの蝙蝠みたいな山梨県の甲府以東に行く方が、短時間で到着します。

 さて、まずはいちご狩り。ハウス栽培で、畝に沿って進みながら、手当たり次第に食べるのですが、これがおいしいの何のって。

IMG_20180420_120057


 私の1番好きな果物、ひとつに絞るのは難しけれど、多分マイベストは苺なんです。皮をむく必要がないというものぐさな理由も大きいけれど、美しい赤い色ととんがった形に種がきれいに並んでいる姿が何ともチャーミング、しかも、甘酸っぱい味というのがすごく好きなんです。

 な、もので、添乗員さんが「前回最高に食べた方は40個でした」と説明したのと、30分の滞在という時間制限も相まって、まぁ、食べる食べる。途中、うっかり取り落としてしまったへたも少々あったのですが、ハウスの入り口で手渡された紙コップに入れたへたの数を数えてみたところ、恐らく50粒以上は食べたものかと・・・(^^ゞ

IMG_20180420_120114


 こんな二股苺があったので、記念にパチリ。皆さん、もうお腹いっぱいと言いつつ、おいしいおいしいと畝の間をゆっくり歩いてました。

 で、バスに戻ってから、添乗員さんが挙手を求めたところ、50粒以上食べた猛者は私一人だけでした。

 これがお菓子だったり、他のものなら、気持ち悪くなったと思うのですが、さわやかな苺、大好きな苺。体に悪い訳ないぞと思ってぱくついたので、確かに一時的に満腹になりはしたものの、全く不調に陥る事もなく、次の立ち寄りスポット、あみプレミアムアウトレットへ向かいました。

 途中、車窓からギネスブック掲載の巨大仏、牛久大仏様の横からのお姿が見えました。

IMG_20180420_124007


 アウトレットに到着して、苺で満腹の筈が、早速ランチ♪

IMG_20180420_125003


 前もって軽く下調べしておいた三田屋の和牛が美味しいというので、ローストビーフ丼。900円なり〜は、観光地お値段としてはまずまず。美味しいお肉でした。友人は限定のハンバーグを頼んでおりまして、それもなかなか美味しそうでした。

 福助のショップだけ一緒に見て、つま先がない5本指ストッキングを試しに400円+税金で買ってみました。5本指のつま先スルーってどうなんだろ? 締め付け感ないかなとちょっと心配なので、1足だけ。

 続いて、カナナリュックを扱っている旅行鞄のACEのショップで、もっぱら冷やかし。お店の人としゃべったりして、楽しみました。

 シルバニアの店があったり、デパートのアウトレットなどもありましたが、殆ど外から見るレベルで、買い物はストッキングだけで終わりという相変わらずの渋ちん。友人はたち吉でランチョンマットをお買い上げだし、福助でも私よりたくさん買ってました。他の参加者の方も、お買い物をしている方は多かったです。

 食事も入れて90分って、あっという間です。アメリカンスタイルの建物が並ぶアウトレットエリアから大仏様が見えるのは、シュールな感じがして面白かったです。

IMG_20180420_132945


 そして、いよいよひたち海浜公園へ。夕方で帰宅に向かう人も多かったとは思いますが(そこを狙っての夕方の訪問スケジュールなんだと思いますが)、それでも、駐車場は車、車、車。私も先週末くらいにテレビで見ましたが、昨日もどこかの局で放映されたらしく、添乗員さん曰く、放映翌日はすごく混むのだそうですが、大渋滞もなく、割とスムースに降車場所に着きました。

 入園すると、元演習場だという広大な敷地ですが、人が多いこと。広大な敷地じゃなかったら、人のお尻を見て回ることになるのだろうなという位、若者から、我々のようなシニアから、外国人(主にアジア系と思しき方々)観光客まで、色々な人たちがネモフィラの植えられたみはらしの丘めがけて、途中のチューリップの花などのところに、文字通り群れていました。

IMG_20180420_154656_736


 本来、ネモフィラの開花期とチューリップの開花期は重ならないのだそうですが(そうした方が入園者がばらけますしね)、今年は何と幸運なことに、両方が見ごろでした。横浜公園のチューリップも見事でしたが、こちらはまたぎっしりと広域に植えられていて一見の価値あり。

 園内を歩き続けているうちに、うわ〜、海が見える!・・・と思ったのがネモフィラのブルーでした。

IMG_20180420_153555


IMG_20180420_153747


 丘の上に上る道を歩く人を遠目から見ると、海というより、空を歩いているみたい。我々も空の上を歩く人になり、丘を上りました。

IMG_20180420_154656_749


 本物の海が見えました。
 
 ネモフィラの丘に至る手前には菜の花、そして今や珍しくなった蓮華の花も咲いていて、丘の麓には移築古民家もあります。

 実はチューリップやネモフィラを見た側は広大な園地の半分にも満たないほど。時間がたっぷりあったら、園内をくまなく回りたいところですが、そこがツアーの悲しいところ。お目当ての花々を見られたという事で、満足して閉園間際にバスに戻りました。

 後はトイレ休憩をはさんで、トロトロうとうと。気付くと、すっかり暮れていて、添乗員さんが、光を帯びたスカイツリーやその奥に見える東京タワーなどの説明をしてくれるものの、またこっくりする始末。

 朝の乗車時は3か所を順番にまわり、私は2番目、友人は3番目のスポットから乗ったのですが、帰りはどこで降りてもいいですよと言われたものの、結局二人とも疲れ切って、自宅の近くで降りるのがいいということになり、車中でお別れ。

 お天気に恵まれ、高温注意という予報が出ていた割に、過度に暑い事もなくて、くたびれはしたものの、眼福と口福を楽しめて、なかなか良い1日でした。

 あしかがフラワーパークの大藤も見たいので、来年の宿題はそれです!(^-^)

人気blogランキングへ