ここ数年の恒例になっているお台場の国際展示場で開催のホビーショーに行きました。

  メイン目的は高橋先生のブースを見て、あわよくばお得な体験レッスンするに加え、久しぶりに同行してくれる都内在住の友人とのおしゃべり。

  今までは初日に行っていましたが、今年は初日にはハンドメイドマーケット「minne」の販売がない事もあり、二日目です。

 作りたてのスカーフ風ベスト、早速出番となりました!(^-^)
 お台場って、我が家からは行きやすいとは言いがたく、特に交通費は経路にもよりますが、往復3000円くらいはぶっ飛びますが、年に一度の手作り愛好家のお祭りで、交通費や入場料をかけても行く価値はあります。
  
  入場料は開催期間の三日通っても同じで、初回に渡してくれる入場券を見せれば良いのですが、体力的に一日がやっとです。

  今までは首からかけられる紐付きのビニールケースに入っていたチケット、今年から某パックツアーで使うような布のシール製。これ、貼らなきゃいけないのはやだなぁ。素材によってはハゲたり毛羽立ったりしそう。三日通わなくてはな人は、貼った服なりバッグなりは通しで使わなくちゃで不便そうだし。

  というのは、ともかく、今年も盛況で、隣接のフードコーナー(ホビークッキングとの事)共々賑わっていました。

  手芸用品のTOKAIのコーナーの一角に高橋先生の体験コーナーがあり、すでに昨日まででだいぶ出てしまったようで、7種類用意されていた布は
残り3種類に絞られていました。辛くも最後の一枚らしいプリント布を確保し、チクチク開始。その間、友人はミニイベントに良さそうなネタ集めにブースを逍遥。

  完成するには早くて1時間以上かかるので、途中で終わらせていただき、後は自宅で。しかし、既に裁断済みの布を縫うだけって、昨年も経験しましたが、本当に楽、そして、イベントならではのお得な価格です。

  友人が迎えに来てくれて、いったん場外に出てランチ。これが混み合っているとかで、お値段の割に食後はすぐに席を空けるようにお願いされてしまい、ちょっとガッカリでした。すぐに出なきゃならば、いかにお台場とは言え、オフィスランチ価格、つまり千円でお釣りが来る値段なら納得なんですがねぇ(内容的にもそんなレベルでした)。

  食後の珈琲どころではなかったので、昨年、近所の友人たちと利用したローソンとPRONTOに挟まれた場所にあるテーブル席に行き、PRONTOの珈琲で一服。こちらはせかされる事もなく、お値段もランチ設定はないけれどリーズナブル。最初からこっちにすればよかったね、となりました。

  友人は早く帰らなくてはなので、珈琲タイムの後、お別れして、私は会場に戻りました。  が、今年はどうもイマイチ元気がない。高橋先生のおおもとのブースが体験で賑わっているのを見て、新作布の色味や風合いをチェック後、チャコペン2本、くるみボタン2個入りキットを調達するのみ。各種ミシンメーカーのコーナーは、私のレベルにはもったいなさ過ぎる最先端最高峰の展示ばかりのようで、恐ろしくて近寄れない小心者でした。

  本会場からちょっと離れたミンネの会場でも、2年前みたいに熱心に見る事なく、一番面積の広いアクセサリーのコーナーを駆け足で周り、ラッシュアワーに突入する前に帰途につきました。

  ラッシュアワーの前の筈が、電車は混んでいましたが、幸いにも座れて楽チンな筈が、家に着いたらドドドと疲れ果てた情けない奴です。

  こうして、だんだん「疲れるからいや」と行動範囲が狭まって行くのが、老いの下り坂って事なんでしょうね。(^-^;

  今日持ち帰りのプリント布のブラウス、仕上げはゴールデンウィーク後になりそうです。f^_^;
人気blogランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字