今日は瓢箪から駒で、亡母の親友とプリンスアイスワールドを見に、はるばる大津にやって来ました。

  昨日はかなり寒かった、と先陣のコヅ友さんのお知らせに、お天気が心配でしたが、陽射ししっかりで待つ間暑いので、EX席入口付近の木陰で待たさせていただき、スタンドお花の一部も楽しませていただきました。

IMG_20180520_144743


  今年は40周年だそうでおめでとうございます。

  日本のアイスショーの普及、今の人気を醸成したパイオニアはこのショーなのではないかと思います。
 大津は3BKと呼ばれるバンクーバー五輪の男子三人が出演するので、小塚さんファンには更に嬉しいもので、はるばる遠路からいらしたコヅ友さんもいましたが、残念、すれ違い!

  プリンスメンバー、今年はキャプテン小林さんのバク転に加え、序盤から吉野君や小沼君のWバク転も見られ、迫力三倍増し?! 

  四季をテーマにした昨年とは趣が違い、今年はシンクロ度の高い群舞がなかなか見事でした。

  小塚さんはプリンスメンバーとコラボ。イタリアの伊達男のイメージで、粋な滑りで、ジャンプも絶好調。

  驚いたのは、アイスショー初体験の連れが小塚さんの滑りを絶賛したこと。滑りがとても美しい、惹かれますね、との事で、日頃から審美眼の高い方には、シンプルで基本がしっかり出来ているが故の美しさがビンゴなんだな、と感心しました。

   とにかく豪華メンバーなので、連れ曰く、見たのを自慢しなきゃ!なんだそうですが、相手を選ばないとだそうです(笑)。

   彼女が特に惹かれたのは、オリンピック銀メダリスト見られたぞ!の宇野さんのパッションに満ちたプリミティブな力を感じさせる演技と、田中刑事君の超絶ステップ(何故宇野さんと書いて、彼より年上の田中さんが刑事君になるのか😅)。

  宇野さんはフェイスペイントもして、すごくワイルド。刑事君はゲームに疎い私にはよくわからんジョジョ衣装だそうですが、とても楽しそうでした。
 
   織田さん、村上さん、高橋大輔さんなど、誰でもその名を知るスケーターも見られたぞ! 今をときめく本田きょうだいがいれば、大御所の本田先生も!と連れは大喜び。本田先生、体型はいささか貫禄が出ておられますが(失礼!)、イーグルとバレエジャンプが素晴らしいです。

  プリンスメンバーも特に男性メンバーは若返りしたそうで、昨年のしっとりとは違う躍動感がありました。

  大津会場はアイスショーはかなり久々だそうで、入場など、若干不慣れな面もあり、正直なところ、音響がシニアにはちとキツイかなという感じもあり、はつらつと若々しいとは言え、実はご高齢の連れが大丈夫か気にはなりました。

  音量すごく、最初はどうしようと思われたそうですが、途中からはノリノリで楽しんでもらえよかったです。

  ただし、今回はふれあいはバッサリ切りました。ほとんどの観客が写真もOKのふれあいタイムを楽しみに、選手と直接ふれあい出来なくても終演後に残留されていましたので、ここぞチャンス。出口に人が殺到する前に・・・

IMG_20180520_180941

  私が唯一撮った写真でございますf^_^;

  小塚さんは西側で滞留しておられるご様子なので、背中だけ見て、混む前に会場をあとにしました。連れがご高齢の時は安全第一で、割り切るのであります。

  瀬田駅との往復にはタクシーを奮発していただき、座って京都駅へ。旅の楽しい第一楽章は無事終了!\^o^/