昼前に出発、八ケ岳に向かいました。

    平日はETCの休日割引がないからと言う本音を押し隠し、連れが久々に一般道メインで移動したいと言うので、内心ブツクサものでしたが、道路情報を見ると、圏央道が渋滞とのこと。

    時間的にどちらが良かったのかは謎ですが、料金的に大幅に安くついたのは間違いありません。
    と、さように平日にもかかわらず、結構な渋滞になったのは、やはりお盆前ゆえ。渋滞防止にと休日割引を前倒しの先週の木曜と金曜にしたところで、その時に休みを取って出られる働き方をされている方は思った程多くないのかも知れませんね。

      中央道の渋滞がちょうど終わる相模湖インターチェンジから乗ったので、予想通り、最初のトイレ休憩が出来る藤野パーキングエリアはかなり混んで、とてもコンパクトなだけにスンナリ入場出来ないのを横目で見て、次の談合坂も危ないなと思ったら、案の定、進入路はかなり手前から大渋滞なのでスルーしました。

    高速道路そのものは順調に流れ、と思ったら、気象情報が予想していた通りの山梨県の雷雨が訪れまして、いきなりゲリラ豪雨的な土砂降りで前がろくに見えず、さすがに全車が徐行運転となり、ノロノロ開始です。

     笹子トンネルに入って、雨が掛からなくなってスピードが上がるという、普段のトンネルに入るとスピードが落ちると真逆の現象が起きました。

     トンネルを抜けると、そこはピーカンの青空とはなりませんで、ポチポチ降ったりしましたが、まあまあ。

     保冷品をかなり持ち込んでいるので、雨が降り、一気に気温が下がったのはありがたく、良く行く釈迦堂パーキングエリアの食堂で昼ごはん食べよ、と思ったら、甘かったです。進入路は又しても行列。

     とうとうトイレ休憩なしで双葉サービスエリアに寄りましたが、ここも進入路はノロノロ運転。ただし誘導員がしっかりしていて、割合と楽に駐車出来ました。

     カフェテリアと物販コーナー、密度高く、ゆっくり出来そうも無いので、結局、須玉インターで下りて、バーミヤンで遅昼ご飯となりました。

     お盆だからか、ガストならかなり遅くまでやっているランチタイムが、バーミヤンは早く終わるのか分かりませんが、コスパいまいちで、道理で手前、反対車線側にあるガストの駐車場がほぼ満杯で、店の前に待っている人が十人くらいはいた訳です。特に家族連れなら、皆さん、少しでも安くと思いますよね。

      食べ終えて、山の家に直行。ゴールデンウィーク以来なので、どんな虫たちのお出迎えかと戦々恐々でしたが、思ったほど酷くなく、一方、カビ臭さは予想通りでした😭

    あれこれ積み込んだ荷物を車から家の中に運び、冷凍庫に詰め込み、ホッとした途端に来ました。

     土砂降り➕雷鳴。雷雨は夕方6時過ぎまで二時間くらい続きましたが、相当近くに雷さまがいらしたようで、窓際に立つと壁の震えが伝わるレベルでした。

     山の家の電化製品が落雷でやられた話は過去に二人の知り合いの方から聞いた事があり、片や冷蔵庫、片や給湯器で被害金額が大きく、戦々恐々でしたが、無事に通り過ぎてくださったようで、ホッとしました。

   さて、この移動初日の土砂降りやら雷雨は日頃の行いが良いからなのでしょうか?それとも?