今年も昨年と同じ顔ぶれで近所の友人たちが遊びに来てくれました。

     まるで昔の合宿所みたいな味気のない造りの我が家で、合宿状態でガサガサガヤガヤ過ごすのは、気心の知れた仲ならでは。

    初日は買い物して、温泉に入り、家飲みで終わりました。台風の影響がほぼなくて良かったのですが、私が来た時と同じく、談合坂サービスエリアの辺りで猛烈な土砂降りに見舞われたそうです。
   
    二日目は関西出身の友人が是非登楼したかったという松本城を目当てに松本へ移動。

     五人乗りのコンパクトカーにてんこ盛りなので、登り坂ではスイスイと行かない運転手の友人には気の毒な状態ではありましたが、順調に到着。

    しかし、やはり、松本は暑い!

IMG_0661


     夏休みだからか、お城ブームだからか、はたまた前回に来た時は一部工事中で不人気だったからかなど色々想像しましたが、入場後、天守閣への登楼は20分待ち(人気もさることながら、小分けで入場するのは耐震強度の問題らしいです)。

    テントの下の木のベンチに座り、ワンブロックずつ案内されると、ベンチを移動して、お城の中に入った後は自由見学です。

    市民の方が寄贈されたという火縄銃のコーナーが充実していました。
   
    お城は要塞で、そもそも人をたやすく呼び寄せない場所と実感するのはすれ違いも難儀な階段を上り下りする時。

   そして、昔の日本人の体格を思うと恐ろしく高い一段。以前も感じましたが、武士の体力は相当だったのでしょうね。

IMG_0664

    お城大工さんの仕事ぶりがすごい!
のを語る天井。

    前回、工事中で見られなかった月見楼は、徳川の安寧の世になり、家光公が寄られるために増築された部分だそうで、こりゃ、防御にならんわい状態の開放的なスペースでした。月見の宴が催されたのでしょうか?

IMG_0665

     お城の後は、もうひと頑張りして、天守閣からも見える擬洋風の素敵な建物、重要文化財の旧開智学校へ。

IMG_0680

IMG_0679   

     正式な西洋建築を学ばなかった大工の棟梁だからこその独創的な擬洋風の建物、長野県には中込学校があり、春のクラス会の前に寄った甲府駅には移築された藤村式校舎がありましたが、どれも素敵ですが、開智学校は学校教育についての博物館的展示がとても見応えがありました。

     京都の学校歴史博物館でも感じましたが、明治維新のあと、まずは子どもたちから、と長期的な視野をもって教育を重視した先人の情熱が滲み出ています。

     特に今なら児童福祉法違反確実な子守をしていた子どもたちのための子守り学校があったこと、家庭状況や身体状況に恵まれない子どもたちの教育も行われていたのは印象的でした。

     子どもによる作品が優等生のものを残したんだな、というのが感じられる大人顔負けの美しい字や細密な絵画が展示してある中、子守学校の子どもの卒業にあたっての感謝の言葉は、丁寧に書かれていても、普通学級の子どものものと比べて稚拙さのある文字や文で、読み書きやソロバンが出来るようになったこと、通わさせてくれたご主人様への感謝の言葉などが書かれて、教育は義務ではなくて、権利なんだなと改めて感じました。

    こんな素敵な校舎に通えた子どもたちは、きっと胸を張っていたことでしょう。

    昔の教育はレベルが高かったとはよく聞きますが、残念ながら、私め、かつての小学生向けの算数の問題、直ぐにギブアップしました🙇‍♂️(個人の資質の問題だよね(^◇^;))

    あわよくば素敵なお店を探すべく散策し、安曇野か諏訪大社に立ち寄り!と言っていたのに、蕎麦屋兼土産物店のたかぎで十割蕎麦と山賊焼きを食べたあと、ちょっとだけナワテ通りを歩いたら、もう無理無理、早く温泉入って、食べ物調達して、ウチ飲みだ!になってしまったオバサンず。

    初めての蓼科の縄文の湯という温泉に寄りました。確か、この界隈が平昌オリンピックの金メダリスト、小平奈緒さんの出身地の筈です。有名な国宝、縄文のヴィーナスの産出地でもあります。

    前日の北杜市の温泉がお肌ツルツルになるなら、この縄文の湯はお肌がツルツルを越えてペカペカというか、ピーンとなった!という感じで、一時的に肌がものすごく若返りました。

     夕方の売り切れを恐れて、中央道を使い、地元に戻って、時々テレビで紹介されるユニークなスーパーで寿司調達して、楽しくウチ飲み。

   そして最終日は一人の友人の希望で八ヶ岳倶楽部へ。

   その前に甲斐大泉駅そばのパノラマ市場なる産直品売り場で、友人たちは野菜調達。

    我が家に滞在中は、八ヶ岳の友人がくれた野菜が美味しいと絶賛していたので、産直野菜は絶対買う!とみんなが宣言してました。^_^

    八ヶ岳倶楽部では高原リゾートの雰囲気を満喫して、一人の友人がステンドグラスの比較的求めやすい価格の常夜灯をお買い上げ。

    最後に友人リクエストのじょいち の食パンを調達して、集大成で週末ランチのもみの木食堂という、ナチュラルでおしゃれな雰囲気のお店のワンプレートランチで〆ました。

IMG_0682
IMG_0683

   最終日にやっとこ合宿の雰囲気からリゾートの雰囲気になった次第。

    来年は奈良井宿に行きたい!の声が出たのですが、果たして?

  てんやわんやながら楽しい三日間でした。