何かと話題になる事が多かったInstagram、企業の宣伝、広義のタレントさんたちのファンとの交流など、色々な使われ方をしていて、かく言う私も小塚さんが始めたInstagram見たさに登録したミーハーです。

    インスタ映えとかインスタグラマーなる言葉もすっかり定着して、一般の人でInstagramを媒体に人気を得たり、お仕事に繋がる方もおられるようです。

    中にはネット掲示板時代から相変わらずの商材商法に誘導しようと、本音はイイね!ではなくてやたらと足跡付けたり、フォローバックを期待してフォローしてくる方なぞもいらっしゃいますが、そういうのは置いておいて・・・
     
    フィギュアスケートの情報収集のために始めたtwitter、無定見に各方面にやたらとフォローを増やした結果、もう何が何だかになってしまい、多分見落としやら、フォロワーさんに興味の無い話題のリツイートでご迷惑をお掛けしているだろう事を反省して、Instagramは数を絞ってフォローしているのですが、その中に大好きな京都中心の風景やおしゃれなカフェなどを載せてくださる方がいらっしゃいます。

    見せていただいて、あー、今頃の京都いいなぁ、とか、こんなステキなカフェがあるんだ!と次回の旅の参考にさせていただける面があって、とても楽しいし、撮影が上手なので、画面を見ているだけで癒されるのです。

   が、が、が・・・・・

   ここで、またまたかわいくない私の本質がムックリf^_^;

     撮り溜めされている分もあるとして、飲食に関しては間違いなくご本人の経験の数だけあげておられるはずで、このステキなドリンク、スィーツ、一体全体、総額いくらになってるかなぁ?

     かつては良く例えに出されたタバコ一箱、今ならコーヒー一杯ですか、あれで言うと、一週間に3回は掲載されているとして最低250円かける52かける3だとして・・・39000円強かぁ(1年は52週で計算してます)。

   でも、どう見ても、オサレ系カフェの客単価が250円の訳ないはずで、時にはお食事なんかもされているから、かなり低めに見積もっても39000円の3倍はしているはず。つまり100000円ではお釣りが来ない(この他に移動のための交通費などもかかっている筈ですが、そこは除外)。

    あーら、そんなの毎日の癒しや張り合いのためなら軽ちんよ。その同じ金額で無駄遣いするのと比べたら、自分も人も楽しくて何が悪いの(*`へ´*)  と言われれば、もう、その通りでございますとしか言いようがありません。

   そう、稼ぎ力のある方には軽ちんでありましょう。

    しかし、稼ぎ力がない年金生活者には重たい金額なのです。

     またお仕事をされていても、経済的に余裕が無い方には100000円は決して少ない数字ではないのでは?と思われます。

    私がフォローしている方は妙な商売気もなく、文章もすてきで、純粋に楽しみ、楽しませてくださっている方で、本当にありがたいのですが、人気者になりたいとか、商売したいと言う思惑でインスタグラマーになりたい!と意気込むと、こう言う計算を度外視してしまったり、人寄せになる珍しい画面が欲しいと、法に触れるようなことをしたり、迷惑を掛けたり、撮影が終わった途端にゴミにしたり(使わないなら買うな!が私のモットーで、特に食べ物を粗末にするの、大嫌いです👊)と本末転倒の事態になりかねません。

     だいたい柳の下には何匹もドジョウはいませんね(^_^;)。それに、商売気云々とは別にその人のセンスは画面と文章で如実に滲み出てしまいますね(^◇^;)


       という事で、私の場合、Instagramは備忘録と化しております。1人で複数のアカウントを持てるルールを利用して作った鍵アカウントでは、以前も書いた様に手放した物の供養やら、しょーこともない自作の品を並べて、ひとり悦に入ったり、なかなか便利に使わせていただいております。

      Instagramのために買ったり、行ったりは致しません。ミーハーなんで、その場でインスタ映え!とか叫んで撮影することはありますが、あくまでも卵が先でニワトリは後、あれっ、逆かなぁ?