朝9時半過ぎには出発したので、かなり順調な帰途でした。

      毎度のお楽しみの談合坂サービスエリアのやさい村ですが、空っぽの棚が多くて、甘唐辛子系の唐辛子とピーマン、芋類くらいしか扱いが無く、葉物はさっぱりでした。仕方なくふた袋だけ購入。
   レジの方のお話では、強力な台風という予報が盛んに報じられたため、入荷が極度に少ないという事のようです。

    が、安全第一。三分一湧水館で、野菜を入れてくれるのは高齢の方が多いと聞いたので、こちらもそうなのかも知れないですね。

      自宅近くまで来て、これも最近の恒例でスーパーのフードコートで素うどんを食す、と言う安上がりコース。ついでに買い物もするのですが、今日はカートを押しているお客さんでエレベーター前にかなりの長さの行列が出現していて、初めての光景でした。

      台風が来る度に、野菜の価格が高騰しますし、家の中でじっとする前提での大量のお買い物をされた方が多いのでしょう。

      我が家は相変わらずのいつも通り。

       ついでに予約を入れておいた本が入ったとメールをもらっていたらので、市立図書館で借りて来て帰宅。

     その時点では、雨がポツッと来るか来ないかのレベルでしたが、雲行きは怪しげなので、洗濯したいものはたくさんありましたが我慢。

      9時半に出るために早起きしていたし、伐採をして貰っている期間は、職人さんたちが七時半には来られるので、これまた我が家基準では早起きしていたために、おもむろに睡魔に襲われてしまいました(今回の滞在は早寝早起きの健康生活でした)。

      夕飯の時間帯も静かだったものの、既に西日本では大変な状態で、大河ドラマも休止。

     シャワータイムになり、はめ殺しの窓の向こうから激しい雨音が聞こえて来て、昼寝の副作用でつい夜更かししてしまった日付が変わる頃には猛烈な風の音がしました。

      日中は大したことがなくて、こんなに慌てて出なくても良かったのかも?と思いましたが、やはり早めの帰宅は正解でした。

     先月の強力な台風の時には山の家にいて、激しく揺れる木々に気を揉みましたが、今回は徒長してかしいだ木が倒れたりして、ご近所さんに何かあったらどうしよう?と心配しなくて済むのはありがたい事です。