子どもの時に家族旅行であきの宮島に行くと言われ、夏なのに何で秋なんだと思ったのをふと思い出しましたが、今は安芸の宮島という言い方は聞かなくなりましたね。

    という宮島に実に高校2年の修学旅行以来再々訪問しました。

     昨日ゲットの広電と宮島口と宮島を往復するフェリー代込みの切符を利用。コトコト時間を掛けて移動します。

   こんなどっかで見たようなラッピング車両がいたよ!

IMG_1839

   終点宮島口から歩いてすぐの所でフェリーに乗船。

IMG_1840
IMG_1841
   わーい、海は広いな。

IMG_1850
IMG_1853
IMG_1854

    週末で紅葉が色付き、のせいでしょうか?  まるで鎌倉の小町通り並みの激混みが延々と続く感じです。

    満潮で水上に浮かぶ厳島神社。

  お得切符の特典で割引がある ロープウェイも整理券を発券しての行列状態。45分待ちでした。

IMG_1868
IMG_1870
IMG_1873
IMG_1874

   ロープウェイは一度乗り換えしますが、麓から10分以上かかる方はゴンドラで全員着席ですが、激混み日なため、体格体型無視で詰め込むため、挟まれたみたいな気の毒な状態になる人もいました。

     写真撮影すると平板になるので撮りませんでしたが、ロープウェイから見下ろす緑の中に鮮やかな紅が点在、楓ではなくハゼの木です。松江も楓ではない紅葉がきれいでしたが、中国地方の秋の彩は透き通るような紅が多いと思いました。

     終点の獅子岩駅から遊歩道で30分あまりのハイキングで弥山登頂出来るようですが、アップダウンがきつそうで諦めました。

     よく考えたら朝ごはんの後に何も食べておらず、行列待ちしてやっとこ獅子岩に着いたら既に一時半。そこから往復一時間内外プラス眺望を楽しむ時間まで入れると、麓に着く頃には夕方になってしまいそう。

    と言いつつ、結局は以前のような体力はなく無理がきかないという事であります。

    せめても重文だという千畳閣だけ立ち寄ろうと階段を上りましたが、疲れ果てたらしい人たちがお行儀よく座り込んでの休憩所状態になっておりました。

IMG_1880
IMG_1882
IMG_1881

  お隣の塔は見るだけ。

   話が前後しますが、ロープウェイの乗車口に至る紅葉谷公園は紅葉が見頃ですが、人がものすごく多くて、写り込まないでの撮影はかなり難しかったです。

IMG_1864
IMG_1865
IMG_1866
IMG_1867

   自分の身の丈、経験に合わせて理解しようとする方なので、鎌倉の獅子舞に似ているぞ、なんて思ってしまいました。

   そうそう、八ヶ岳にいれば害獣扱いされてしまうのに、お仲間はここでは奈良と同様に神獣のようで、寛いでいました。

IMG_1884


    何か食べようかとも思いましたが、何しろ観光地価格だし、あまり胃の調子が良くなくて、そういう時に普段食べなれていない牡蠣は危ないかもと思い、やめときました。

    フェリーで引き返し、ちゃっかりお得切符を使ってロープウェイに乗った人の特典のもみじまんじゅうをゲット後、コトコトと路面電車で戻りましたが、途中からだいぶ寝ました。

    三越のデパ地下で自分基準で豪勢におかずを買って、とっととホテルに戻ったら、NHK杯の生放送、女子フリーが始まったばかりで、ゴロゴロしながらゆっくり観戦。

    会場にいられないのは残念だけど、広告が入らないNHKだし、テレビ観戦は暫定の技術点がわかるので、テレビを独り占め出来る限りはなかなか便利ではあります。

    三日間、怒涛のてんこ盛りの結果、腰痛も出てきたので、テレビ観戦で正解だったのだ!と酸っぱいブドウ教の教祖は思います。

   それにしてもトリプルアクセル2度決めた紀平さんの逆転優勝はすごかったなぁ。