集合住宅住まいなので、年に一度、一斉に排水管清掃があります。

      管理会社が変わってからは何故か紅葉狩りシーズンにビンゴ!なので、昨年もツアーの予定をずらしました。

   築年数が重なり、不在だと高圧洗浄して貰えないのは、ちとまずいようで、ブツクサ言いながら都合つけてます。
    さて、今年は本日。風呂場、洗面所、台所の三箇所、無事に終え、特にトラブルもないとの事で、ホッとしました。

    ところが!😱

    な、何と夕食の準備の時に鍋を洗うと、シンクの水が流れません。ちょうど、粉っぽいものを洗い、シンクのカゴが目詰まりを起こしたみたいな感じ。

   しかし、カゴは清掃前にゴミも取ったばかり。念のため、外してチェック。でも流れない。

   そして下の排水口に被っているプラスチックキャップも外してみました。ゴボゴボ!と言って黒い物(多分清掃で出た水垢)を吐き出して排水。ホッ。

    ところが甘かった。続けて洗い物をしたら、もう水が引かない。溜まる一方。

IMG_2065   

   ヤバイ、ヤバイぞ。   

IMG_2067

   こうなってしまったので、キウイの入ってたチビバケツで古い洗濯機の付属の縦長バケツに汲み出して、風呂場で排水💦 (つまり、両方とも捨てないで取っておいた物が役立ってる訳😅)


    と共に、清掃のお知らせのプリント、まさなこんな事になるとは思わず、シュレッド候補にしかけたのを、思い直してメモ用に二分割しておいたのを取り出し、家人に電話して貰いました。シュレッドしなくて良かったぁ。

      テープが流れたものの、緊急連絡先もアナウンスがあったそうで、そちらに掛けて、早く早く!と言ってくれてました。

    同時に階上のお宅と階下のお宅にも連絡し、同じマンションでメアド分かっている友人たちにも同報で注意喚起ならびに、不都合あれば業者さんが来るからとお伝え。

     30分強で業者さんが来られました。アラサーくらいかな? 細身の誠実そうな青年。

    先ずは上のお宅に行かれましたが、上のお宅でシンクに水を流すと、我が家のシンクに水が溜まると言う恐るべき状況。

    階上で30分くらい何か作業されている様子で、次に来られた時には巻き取り式のワイヤーを台所に持ち込まれ、排水口から入れてましたが、相当しんどそう。

IMG_2070

   こんな手動式。

   しかし、しばらくの間作業されるも、全然水が退かないです。


    その後、外に出られ、しばらくすると、物凄い機械音がして、あっという間に水が退きました。

     戻って来られた業者さん曰く、昼間はワイヤーが通っているので、大丈夫とみなしたが、どうも脂の塊が地下にある管を塞いでしまったのを見落としたらしいとの事。


   同報メールでお返事をくれた友人の一人が、いつものやり方と違うので変だなと思っていました、と書いていましたが、この業者さん、今回が初めてだとの事。

    毎年清掃しているのに、脂の塊の除去が出来ていなかったらしい、と言う事らしいです。

    集合住宅の漏水事故の原因として、こなパターンは多いそうでして、一斉清掃の時に不参加だと排水管の清掃が疎かになるのは知っていましたが、当日不在の場合、トラブルが起きても気付けず、おおごとになってしまうのですね。😰  初めて知りました。

   担当者は丁寧にお詫びされ、上のお宅には私が知らせに行きますと言いつつ退去されました。

   業者さんの言い分は、責任転嫁みたいですが、以前、清掃後に洗面ボウルの排水がすごく悪くなり、ネットで調べて、自分で何とかした時には、高圧をかけたばかりに、排水管のS字部分でゴミが圧縮されフェルトの栓みたいになっていた経験をしたし、その後は洗面ボウルのポップアップを分解して掃除してくれたら、元に戻せなくなった、という経験もしてますから、さもありなんと言う気はします。

   余談ながら、ポップアップが元に戻せなくなった時には『古い物だし、このまま我慢してください』と言われ、納得行かず、理事長に相談、理事長が管理会社にクレームを入れてくれ、LIXILの人が来て、20分くらいで元に戻してくれて、技術力の違いを感じたものでした。

    以前の管理会社が派遣した排水管清掃の業者さんはプロという感じで、いい知恵を貸してくれたりして、ノートラブルだっただけに、新たな管理会社の派遣した業者さん、もしかして素人を使ってる?と思ったものでした。その頃から人手不足だったんでしょうね。

    階上のお宅では水流れに問題は無かったにもかかわらず、そして食事の支度や片付けをしなくてはの時間帯だったのに、台所の水道の利用を差し控えていただくと言うご協力をいただき、本当に感謝です。

    食事はとうに終わっていましたが、我が家でもやっと皿洗いを始められたのは大河ドラマが終わる頃。

   物凄い音が排水口から響いて、大丈夫なのか?とギョッとしましたが、業者さんは帰らずに、屋外の汚水用のマンホールか何かの作業をされていたようです。


     仕事とは言え、冬の寒さになった夜9時過ぎても屋外で作業しなくてはいけない業者さん、お気の毒ではあります。

   昔、母が自分の息子と年の近い青年が何かしていると、肩入れしていたのを、甘いぞ!と思って見ていた若き日の自分でしたが、今の自分もかつての母みたいに、息子たちと年の近い青年が苦労しているのを見ると、同情するようになりました。

   ほぼ19時到着の業者さん、21時58分に車で去って行かれました。お疲れ様。時間外手当がしっかり出て、美味しいものを食べられように!

    汚い写真入りで恐縮ですが自分メモと、どなたかの参考になる……かも?で書かせていただきました。

   すごい音はiPhoneのボイスメモと言うのに入れてみましたが、色んな意味で使う機会がありませんよーに!