日付が変わってから入浴、就寝でぐっすり。気付いたら7時半。

     昨晩の極小新年会でお腹いっぱいのはずですが、やはり朝ご飯はしっかり目!

IMG_2527


    今回はヴィアイン、一年ぶりの名古屋新幹線口店です。新しい椿町店が近くに出来ましたが、こちらが500円安かった!(笑)

   出発二日前くらいに、 名フェスのあとどーするかな、と呟いたら、嬉しいことにコヅ友さんからご連絡いただき、再び岡崎訪問となりました。

    前回、岡崎城天守閣が山門から見える徳川家菩提寺の大樹寺をサクッとご案内いただきましたが、今回はじっくりと。

    そこそこ歴史好きなので、徳川将軍家にまつわる新書を読んでいて、等身大の位牌が安置されているお寺がある、と知っていたのに、前回大樹寺拝観時には結びつかず、しばらくしてから、少しだけあちゃー!でしたが、あの時は八丁味噌の工場見学が出来てすごく良かったです。

   今回はしっかりお宝部分を拝観させていただきました。

IMG_2537

    前回はロースペックなスマホカメラでしたが、今回は説明抜きで遠くに岡崎城の天守閣が見えますか?

   やっぱり無理かな?

   徳川家菩提寺である大樹寺の 山門から天守閣の間を遮る大きな建物がなくて、このラインをビスタラインとよぶそうです。

 
IMG_2536
   本堂までは自由拝観ですが、御殿やお宝、御位牌などは要拝観料。

IMG_2534
  
   家康公直筆の掛け軸があったり

IMG_2533
   
    お手植えの楠があったり。

     さすが神君!

    お位牌と幕末の襖絵(描いた冷泉さんは長州藩士に惨殺されてしまったそうで、徳川家と縁の深い仕事をしたからなのでしょうか?)は撮影禁止、劣化を防ぐお部屋にありました。

   襖絵で大名の家格に応じて違いがある、小さめな藩には牡丹、大大名には鶴の襖絵という違いも興味深いものでしたが、やはり等身大というお位牌がすごいです。

    将軍がお亡くなりになった直後に計測する係がいたのではないかとの事ですが、台座に据えられた位牌は見上げる形になるので、ずいぶん大きく見えるのに、実際の将軍様たちは私より背が低い方たちが殆どだったようです。

   そして、びっくりしたのは、かの綱吉さんが極度に背が低い。小人症だったのではと推測されるそうですが、生類御哀れみの令は彼の体型と関わりがあったのではと添えられていました。

    歴代将軍15人なのに、最後の将軍様の位牌はないぞ、幕府に幕引きしてしまったから懲らしめか、と妄想したら、問い合わせたところ、神道で葬儀が行われたので位牌はない、と子孫の方からご回答を得た旨も掲示されていました。

    反対側には徳川家の始祖、松平家の位牌が並んでいまして、これは等身大ではなくて規定のサイズがあったようですが、結構大きい。もし徳川家が他の戦国大名のように滅んでいたら、ずらりと並ぶ位牌の偉容はなかったかも知れませんね。

    大奥を過大にしてしまった家斉公の位牌が、なぜか戒名の周囲にめぐらす装飾部分の葵の紋が一つ以外、未完成な状態なのが奇妙でした。浪費将軍様にはこれでいい!ってなったのでしょうか?→これも妄想。

    いやはや、お位牌を見ているだけで、色々なミステリーが楽しめました。

   その後岡崎城内のお食事処にお連れいただきました。

FullSizeRender

   三河湾のタイをはじめとするお刺身に

FullSizeRender

    豆腐の味噌田楽、美味しい! 赤味噌のお漬物もさすが味噌の国!これは横浜にはないおいしさ。

   ごちそうさまでした。

   ちょうど城内のからくり時計がご開帳に来合せました。フィギュアスケートのショートプログラムくらいの長さの舞が見られます(笑)。現地で見れば退屈しませんが、動画を最後までご覧になれる方、いらっしゃらないかと。(^◇^;)


   舞い手はもちろん家康公でした。^_^

   前回訪問時になかったものが城内に出現していて、子どもの頃からオシャレさが群を抜いているなと感じていたイラストレーターの内藤ルネさん、岡崎市の方と初めて知りました。

IMG_2544

    そこから、かの猛将、徳川四天王の一人、本多忠勝殿のご子孫、本多忠次邸を東京から移築した洋館建築にご案内いただきました。

   なぜここに?というのは本多家が岡崎城主となるというゆかりがあったから。

    外観は鎌倉の文学館、元の前田侯爵別荘を小ぶりにしたような感じなのですが、中のインテリアがすごくステキで、とりわけ要所にあるステンドグラスがキュートで、そっちを見呆けて、撮影し忘れたアホでした。f^_^;

IMG_2555
   二階のバスルームのステンドグラスのお魚、かわいい!

IMG_2559
   この階段がいかにも洋館感ですね。

IMG_2557
   
    ベイウィンドウがおしゃれな書斎。お仕事捗りそう。

IMG_2552
   一階バスルームのタイルもカラフルでチャーミング。

IMG_2548

   家具も布地は張り替えこそすれ、殆ど全て当時のままだそうです。

IMG_2550
   
    ついこの間、暮れの28日に放映されたばかりの開かずのトランク。あー、番組見ておけば良かった。

IMG_2551
  
   和洋折衷で、二階の南面に続きの間があるほか、一階に洋風のサンルームを付けた夫人の部屋という和室があります。いいなぁ。

    岡崎市の多面性を堪能した後、駅までお送りいただき、またの再会を期して、エレガントなコヅ友さんとお別れしました。

   で、豊橋からこだまかひかりに乗り戻る。速さならひかりなんですが、何としても使いたいエクスプレス予約のポイント。だからこだまだ!

    それは良いのですが、昨晩見たときにはまだ残っていた、早めの時刻発の列車の特典席は埋まってしまっていました。

   
   根性で夕方6時のこだまの特典グリーン車に乗ることにしましたが豊橋で時間潰すのどうしよう?  

   以前は書店で時間潰し楽勝!だった私も、最近はずーっと立ちっぱなしが出来なくなっています。2時間半は土地勘の無い場所で観光をするのには中途半端ですし。

  お正月は帰省と聞いていたので、 まだ不在かもと思いつつ、電話をかけた学生時代の友人と電話がつながり、何と駅まで駆けつけてくれました。\( ˆoˆ )/

     おしゃべりをしていたら、2時間程度はあっという間です。

     次回は私の棲息圏に彼女が遊びに来てくれることになりそうです。

     無事に18:02分発のこだまのグリーン車に乗り込んで、あー、楽チン。

    今日も大変楽しく濃い1日でした。貴重な時間を割いてくださった二人のお友だちには感謝です。