この人と話していると楽しいなぁと思ったり、逆につまらないなぁと思ったり。

     つまらないではなくて、はっきりイヤ!という場合は、ズカズカプライバシーに踏み込んで来たり、人を値踏みしたり、マウンティングしたり、自慢や悪口が度過ぎたり、と理由ははっきりしていることがほとんどです。

    が、いい人なんだけどなぁ、と思いつつ、積極的におはなしする気にならないのは、興味が全く持てない話、場違いな話しだから、と言う事が多いように思います。

    私もやらかすので自戒を込めて思いますが、例えば、明日から始まるフィギュアスケートの世界選手権大会の話。

   これを『羽生結弦選手、調子はどうかしらね?』『紀平選手はトリプルアクセル決めるかしら?』くらいで止めておけば、世間話の範疇ですが、『公式練習でトゥルシンバエワが四回転降りたって』なんて言い始めた日には『誰、それ?』『男なら四回転普通でしょ→トゥルシンバエワは女性です💧』なんて思われるのが一般的なんだと思います。

   そこを延々と独演会したらドン引きされます。

    何かのファンの方々はそこんところがわかっているからこそ、同好の士で集まり、どこの誰だか分からないけれど、お互いにファン(ジャンルのだったり、特定の人物だったり)なので、と言う結び付きで盛り上がります。

     その場でプライベートな話をしたり、お得ネタなど話したら、今度はそちらでドン引きされます。

     許されるおトクネタは、遠征費用の捻出や、チケットや宿の押さえ方などに限られます。

    もちろん、中でも個人的に近しくなる方もいますが、あらかたは会場で顔を合わせるけど、あとの事はさっぱりわからんのです。

   が、逆に、そういう日常生活を引きずらない間柄だからこそ、観戦や応援で、日ごろのストレスも発散出来るわけです。

     既に時期ハズレですが、年賀状用意の時期になるとしばしば取り上げられるのが、家族の写真やペットの写真を誰彼かまわず送るのは失礼論議です。

     これも、場違いトークと似たような感じで、例えば単なる仕事だけの関係の方や、お子さんやお孫さんがいない方、動物嫌いな方にまで、一律に自分の趣味嗜好、そこから溢れる幸せ感を押し付けられる感じがするのがマナー違反とされる所以でしょう。

    日常会話然り。

    特に女性は結婚、出産すると人付き合いが変わることが多いですが、独身者やお子さんがおられない方と話が全く合わなくなる場合、夫や子どもなど、家族の話ばかりするから、はよく聞きます。

     最近は孫自慢、ペット自慢もあるなぁ。

    少しくらいなら良いですが、会話の半分以上が可愛くて仕方ない孫の話とか、ペットの話、それが全く会った事のない娘や息子の子どもであったり、自分が苦手な動物の話であると、自慢モードが込められてしまうだけに、トゥルシンバエワの四回転以上に相手をゲソっとさせるのではないでしょうか?

    最近は私の周囲でも、孫出現率が増えていて、中には寄ると触るとスマホ画面を開いて写真を見せ合う姿が見られます。

   いいんです、孫同好会同士でやってる分には。

   でも、孫無しで、心が広くないワタシですもの、他人の目からは同じポーズにしか見えない写真を延々と見せられるのはたまんないぞ!

     ペットも同様で〜す。

     ノレる話は同士ですれば良いのです。

    あそこが痛い、ここが痛いは接骨院の常連さんと言う、スケートのお仲間程じゃなくても、プライベートが分からない面々と。

     子育ての悩みは、似たような悩みを持つ友人たちと。

    生活圏の おトク話や防犯防災話は、ご近所さんと。


     そこを踏み外すと、場違い、空気読めないなどどいわれ、さらに誰も関心を持っていないのに、自分の関心事だけを一方的に喋ると悪い意味でマシンガントークと評されます。(^_^;)

  
      場違いトークを全くせずに済ませるのはかなりな達人ですが、出来るだけしないで済ますために、べったりな付き合いだけじゃない、あちこちでちょこちょこ話せる関係が必要だなぁと思います。