本日は黒歴史の友と、約一年ぶりにシーサイドラインの一日乗車券を買って散策しました。

   そう、逆走事故を起こして、不名誉な形で一躍知名度が全国区になった横浜の自動運転のモノレールであります。ただ今有人運転中。

     友人が行きたい!と言っていたのが、こちら。

IMG_4892

    お名前はかねがねお聞きしていましたが、という言葉が出てしまう伊藤博文金沢別邸。

    解体修理と復元部分があるそうですが、横浜の市心部で太っ腹にも無料公開している山手の洋館群と同じく、財団法人緑の協会が管理していて、やっぱり無料です。

     無料というとありがたみが薄いのか、場所がいまいち不便なためか、どよーんとした天候のせいか、その全部なんだか、館内、ボランティアで生花をいけておられる方々以外、ほぼ貸し切り状態です。

   
  お庭には小ぶりながら牡丹園も併設。これは来年は見に来ようよ!と誓い合いました。

IMG_4895
IMG_4891
IMG_4890

   座敷の向こうには八景島。周りをよ〜く見渡せば、テトラポットがあったり、工場かあったりですが、座敷とお庭を見ていると、今や遠い明治時代に多忙を極めた政治家がホッと息抜き出来たのもさもありなんと思えます。

IMG_4896

    お抹茶セット、干菓子の二人静付きで四百円なり〜。友は食べ応えありそうなお菓子付きの600円なりの方。

    ごめんなさいね、邪魔になって、と盛んに恐縮されていたボランティアさんたちの生花、七夕をテーマの完成状態を座敷の床の間に見ることが出来でラッキーでした。

IMG_4898
IMG_4900

   屏風は博文公の真筆。

IMG_4894

   ところどころで年表や屋敷の説目などの展示もありました。梅子夫人がたいそう賢夫人だったようです。

     玄関先には七夕の短冊コーナーがあるので、二人とも願いを書いて飾り付けました。

IMG_4901

   予備知識ゼロで来ましたが、素晴らしいところでした。また来なきゃ!

    その後、あじさい祭りは終わった八景島で散策。あじさいはまだきれいでした。

IMG_4902
IMG_4903
IMG_4904
IMG_4905

    土砂降りに見舞われる事もなく、短距離ながら、ちょっとした旅行気分が味わえて楽しい日でした。