消費税増税も気になりますが、来月からの携帯電話がどうなるかも気になります。

  総務省の、というか菅さんの肝いりで携帯電話料金を下げるべし!の方向性で、今までのような大幅な電話機の値引きがなくなると言われています。

   一方で、その大幅値引きと引き換えに何年縛りという、更新時期以外に解約するとお高い違約金を払わねばだったのを、いつ解約しても千円くらいと激減させるそうですね。

  また、今まで、長く一つの電話機を使い続けるユーザーが、チャカチャカ新機種に替えるユーザーの分を負担させられ割を食っていたと言われる状況が変わる方向性へ。

  という話ですが、蓋を開けてみないと、本当のところがわからないようです。

  先頃、ルールをくぐり抜けて、またぞろ縛りっぽいものを持ち出していたというソフトバンク、au二社に対してピシャッとするおふれがあったそうですし。

  新ルールが適用されると、機種代金は大幅アップだから、今のうちに、と駆け込み需要があるけれど、今契約すれば、更新まで待たないと違約金は高いぜ!の痛し痒しの模様。

  と、ネットのつまみ食いですので、間違いを書いていたらごめんなさい。

  しかし、この改変、ひと事では無いのです。

  先月、auからのお知らせで私の携帯電話、事もあろうに10月からが更新期間。

  別にそのままにして2022年3月の3G停波を待つのもありかとは思いますが、auめ、私には徹底して冷たくて、スマホやガラホなどで一定条件を満たせば、更新御礼にくれるというポイント3千円相当もくれません!

  業腹だよー。

  一説にはよそのソフトバンクかdocomoに行くかもねーと言うと、引き留めポイントをくれたそうですが、それも無くなりそうですしね。

   いつもウダウダ考えている間に絶悪なタイミングになってしまいます。いまさら駆け込みは面倒くさいし、さりとて、来月からの中身を見なきゃ動けない。

 でも、多分、私の更新期間くらいがトライandエラー時期と重なり、ユーザーに美味しいサービスが出て来るのはその後なんでしょね、きっと。´д` ;

   こーゆータイミングを掴むのが下手な人は投資には向いていませんね。

  結局、ちまちまと節約に励むのです。f^_^;