事の起こりは先月、ウサギ山小屋から自宅へ移動を控えた朝ご飯の時。

 何気なく、普段と変わりないつもりで、ナニモノかを噛んだ瞬間、ズキン!と来たのです。

 え、何これ?

 虫歯の痛みというのを最後に味わってから、幾歳月、記憶の奥底から引っ張り出してみたものの、それとはちょっと違うような気がしました。

 じゃ、折からの秋のアレルギー開始の鼻づまり傾向によるのか?
 かつて、奥歯に痛いというかえぐいようないや〜な感じがして、とうとう虫歯が出来たか!と歯科医に駆け込みレントゲン撮影をしてもらったら「上顎洞炎でしょう、耳鼻科に行ってください」と言われてしまった事があって、今回もそれかしら?と思いつつ、とりあえず放置。

 自宅に戻ったら、そこそこよくなっている気がしたけれど、先月末くらいから、また噛むと痛い。しかも、噛んだり口を開けたりすると、頭の奥でジャリジャリとかカクっと音がしたり。

 今朝など、まるで砂が残っているアサリを食べたような音がしましたわ。(-_-;)

 片側だけで噛むといけないと思って、律儀に痛くない時を狙って、えぐい不快感がある左側でも噛んでいたのですが・・・それが良くなかったみたい。

 いったいなんだ?これ。

 そういう時はすかさず歯科医に駆け込みます。

 以前上顎洞炎を指摘された先生も、はるか以前のOL時代にオフィスビル内にあった歯科医でも、だいたい「患者さんが、みんなあなたみたいに、痛くて堪らないとなる前の、ちょっと変だという時に来てくれたらいいのに」と嘆きつつ褒められて来たもので、そうやって褒められると、褒められ慣れていない人間としては、やっぱり今度もそうしよう!と思うものです。

 かかりつけの歯科医に電話すると、急を要するかも知れないと判断されたようで、隙間時間に診療予約を入れてくれました。

 で・・・久しぶりにレントゲン撮影。上顎洞炎の兆しなく、歯科衛生士さんも先生も「虫歯無し、歯槽膿漏も歯周病もなし」とのおっしゃる。

 先生からは、歯ぎしり用に作ってもらったマウスピースとは違うもっと薄くて固いプラスティック感があるマウスピースを作ってはめて様子を見るか、より精密な検査を求めて、紹介状を書いてもらって中核病院の口腔外科に行くか、と言われまして・・・

 マウスピースを見たら、口に入れたら、慣れるまでおえ〜っとなりそうな素材に見えるので、取りあえず、茶渋だらけになった歯のクリーニングをお願いして、その間、何もせず様子を見るという事にしました。

 で、やっぱり頑張って噛んじゃいけないらしいのです。

 ガムはダメ。飴もやめる。1日1食くらいは麺類など、やわらかモノを食べる事。

 さすがにしゃべるのはダメとは言われなかったけれど、固いものをガシガシ食べるなんてとんでもない状態のようです。

  そうそう、長期の旅などされて枕と布団が変わっていましたか?と問われて、ズキン!

  ウサギ山小屋ステイ1か月以上でしたが・・・枕は自宅のメディカル枕とよく似たオルトペディコ枕だし、布団は自宅と同じ(値段は相当違うけれど)羽毛布団だったし・・・う〜む。

 
 思えば、子どもの頃から、歯が丈夫!という事で、バリバリ、がりがり音がするような食べ物が大好きでした。ふにゃっとしたものより、ザクザク。

 最近も、昼ご飯を作るのが面倒な時、外にいる時は、ザクザク系のグラノーラにブランサンドを食べまくっていましたし、おやつはクルミにおせんべい。

 
 歯科医の帰り道、買い物をして帰宅して、さぁ昼ご飯は残りご飯で玉子おじやにしました。で、ちょっと口寂しいから、食後のデザートをと思っても、家の中につるっと噛まないで良いおやつものがな〜んにもないのでありました。

 飴がだめならチョコもダメなんだろうなぁ。

 ・・・という訳で、しばらくの間、顎と歯に負担がかかりそうなもの(そういうものに限って鉱物(/_;))を我慢しなくちゃになりました。


 新聞紙で鼻をかんだって大丈夫と言っていたのが、いつの間にかローションティッシュじゃないと鼻の下が真っ赤になってしまうようになり、唯一、人から「きれいいね」と言って貰えていた歯はクリーニングしてもすぐにまた茶渋がついてしまう、ばばっちい歯と化し、ばりっばりのかったい草加せんべい大好きと言っていたのに、顎がぁ状態であります。

 加齢なる現象は細部にまで・・・。トホホ

人気blogランキングへ