最初に・・・閲覧注意の写真がございます。
  
  見苦しいものをご覧になりたくない方はスルーしてくださいませ。

  何しろ、本当に壊れて使えなくなるまで、モノを使いのめす習性の我が家。

  いろいろと齟齬が多い家人と私なんですが、うっかり一緒になってしまったのは、多分、双方の実家がともに堅実というか、なかなかぱっぱか捨てられず、古いものをいつまでも使うというスタンスが似ていたからなのでしょう。

 その後、深くて暗い溝があると次第に分かって行ったものの、もろもろの事情でずるずると・・って、今日はその話をするのではございません。(^^ゞ

  その古くて、汚くて、よそのお宅ならとっくに取り換えていそうなもののひとつが、風呂のふたでございます。
_20200507_153222

 スマホカメラの編集画面で加工しても隠し切れないばっちぃふた。(;^_^A

 言い訳させていただけば、夏休み、留守にしている間に手入れが行き届かずに、カビが発生して、それが増殖していった成果です。途中で何度か塩素系漂白剤も使ってみたけれど、黒カビは取れませんな〜。

 そして、見た目汚くても、機能としては不都合がないという事で、ずるずると買い替えの優先順位が上がらないまんまで来てしまいました。

 ひとつには粗大ごみに出すというハードルがありました。お金の問題もございますが、実はこんな汚い風呂ふたを出すのがこっぱずかしいという見栄の部分が大きかった。市の粗大ごみシールに記入するのって、姓名じゃなくて、イニシャルでもいいんだと、ごくごく最近の粗大ごみを見て知ったのですが・・・かように集合住宅の粗大ごみって、つい目に入ってしまうんですよね。

 それで、こんな汚いの出してどうなんだと、ワタシらしからぬ羞恥心を抱いて、ずるずると伸ばしてしまったのです。誰も気にしないよって人には言いますけれどね。

 グダグダ言ってたのですが、このゴールデンウィークにようやく新しい風呂ふたを買いました。けちんぼの肩を押してくれたのは、食料品の売り上げはアップしているらしいが、雑貨、日用品の方は売り上げが今一つでてこ入れしたいらしい(→あくまでも推測)イオンが非食品向けに出してくれた10%オフのクーポン券でした。

 散歩に出かけるという家人にお願いして、風呂ふたと一緒に、同じく年季の入った風呂椅子も取り換えるべく、買ってきてもらいました。

 さて、一方で、ごくたまに立ち寄ることもある義実家で目にしたのがこちら。
【メール便送料無料】藤原産業 SK11 家庭用万能のこぎり SKM2-160
【メール便送料無料】藤原産業 SK11 家庭用万能のこぎり SKM2-160

 新品未開封で縁側に置いてあるのを目ざとく見つけました。買い物大好きでとりあえず便利そうだと思うと買ってしまう家人(そう、この辺りが暗くてふか〜い溝の淵です(;'∀'))が入手したものでした。

 すかさず「家で使いたいから」と言うと、意外にも快諾。本人も買ったはいいが死蔵しているのが気になっていたかと思われます(そういうグッズ、結構あるので、ワタシが、あるいはウチで使うと言うと、OK出る率高いです(*^^)v)。

 新品の風呂ふた、風呂椅子と早速入れ替えました。以前の私なら、新品をさっとおろすというのがかなり苦手だったのですが、最近は割とさっと入れ替えます。もう先がそんなに長くないからためらっている時間がもったいない。

 そして、古い方も以前なら、すぐに捨てられず、何かにならないかとぐずぐずしていたのですが、さすがにこのふたを転用しようという気にはまるでなりません。でも、ぐずぐずしていると、家人が言い出しかねません。「これ、何かに使えそうだね」とか。(;'∀') いや、このレベルではさすがに言わないとは思いますが、とにかく家に滞留させておくだけで、気分が下がります。

 さぁ、家庭用万能のこぎりの出番です!

_20200507_151603


DSC_0367

 箱から出しました。新品!

DSC_0368


 まず縦に切ってみます。2枚刃ですが、箱の説明にある通り、金属用の刃ではなくて、木材用の方を使います。

 つなぎ目部分はやわらかい薄目の仕様なので、す〜っと切れます。ちょうどカッターナイフで紙を切るみたいな感じで。

 そして、棒状になったのの真ん中あたりに刃を入れて、二つ折りにします。これで粗大ごみではなくて、家庭ごみで捨てられる長さ50センチ以下になります(ふたの幅は70センチ)。

DSC_0371

  断面はこんな。
DSC_0369

  しかし、1本1本に縦に細く切っていくのに疲れ始めました。

  元より面倒くさがりだし、ここはこの万能のこぎりの能力テストだと、こういう切り方を始めました。
DSC_0370

  やはりそれなりに力が要りますし、蛇腹状になっているので、刃が入りにくいところもあり、1本1本切ってから短くするのとどうよと思わないでもありましたが、とりあえず、こういう風になりました。
_20200507_152946

  あとは、適当にさらに刻んで、ポリ袋に突っ込みました。
DSC_0377

 これで粗大ごみではなくて、お名前シール抜きのフツーのごみとして出せます。

 さて、結構切りくずが出るので、ベランダの掃除をしましょう。放置しておくとマイクロプラスチックならぬミニプラスチックで大迷惑ですからね。ちょっと目にはまるでおろしチーズのよう!?(^-^;。

DSC_0373

  お疲れさまでしたと、2枚刃ののこぎりを納めます。切りくずがついていたのを払って、100均調達の万能油(ミシン油みたいなものです)を薄く塗って、おやすみなさ〜い。
DSC_0374


 さぁ、果たして無事に回収してくれるでしょうか?

 それにつけても、この時期もごみの収集をしていただけるのは、本当にありがたくて感謝です。

人気blogランキングへ