以下の文章に述べられている事は、本日のヤフーニュース画面で見つけた同じ火災をあつかったものなのだけど、随分ニュアンスが違うと思いませんか?

その1:
 19日午前4時50分ごろ、東京都世田谷区、無職、鈴木正美さん(74)方から出火、木造2階建て住宅約170平方メートルのうち1階部分80平方メートルを焼き、焼け跡から鈴木さんと妻淳子さん(73)の焼死体が見つかった。警視庁は、出火原因を調べている。2階で寝ていた無職の長男(49)は逃げて無事だった。
(毎日新聞) - 10月19日12時3分更新

その2:
19日午前5時ごろ、東京都世田谷区羽根木、無職鈴木正美さん(74)方から出火、木造2階建て住宅の1階部分約80平方メートルを焼いて、約1時間後に鎮火した。焼け跡から鈴木さんと妻淳子さん(73)が遺体で見つかった。警視庁北沢署は出火原因を調べている。 
(時事通信) - 10月19日12時1分更新

その3:
19日午前5時ごろ、東京都世田谷区羽根木、無職鈴木正美さん(74)宅が燃えていると119番があった。約1時間後に消し止められたが、木造2階建てが半焼し、焼け跡から鈴木さんと、妻淳子さん(73)とみられる焼死体が見つかった。警視庁北沢署が身元の確認を急いでいる。
 東京消防庁の調べでは、遺体はいずれも1階の居間で見つかった。1人はベッドの上で、1人は床に倒れていた。
 家屋の内側が激しく燃えており、北沢署や東京消防庁は、内部から出火したとみて詳しく調べている。
 鈴木さん宅は3人暮らし。息子(49)は外出しており無事だった。淳子さんは寝たきりの状態だったという。
(共同通信) - 10月19日8時7分更新
 その1というのが最新らしいけれど、無職の長男が逃げて・・・という表現、かなりきわどい気がしません? どうしてわざわざ無職と書かなければいけないんだろう。逃げてっていう言葉と共に、「怪しげ」を感じさせられると思うのは私だけだろうか?

 それに対して、2はあっさり事実を述べている感じで、1は結構細かいながら、外出していた息子であり、全然怪しげじゃない。

 何故このニュースが気になったかというと、夫の実家の近所の話だからだ。

 報道の仕方一つで、無実の人が犯人扱いされるのは、松本サリン事件の被害者河野さんの例を引くまでもないが、色をつけていくと、どこまでも歪曲できるのがこわい。言うたら何やけど、マスコミ関係者の中には、憶測でものを言う(書く)人、フライングする人々も混ざってるように思われる。

 戦時中は色だらけ、歪曲だらけだった訳だが、そういう時代に突入しないように祈っていますわ。記者の皆さん、フライングしたらあかんで! 利用されてしまうで!と言いたい。