コガネムシのつぶやき

−甲斐小泉のドけち指南部屋ー ムダな事・モノは省いて、毎日を楽しく暮らしたい・・・

ドキュメンタリー

「家路」を見ました。

 昨晩も震災を扱ったNHKのドラマ「いきたい、たすけたい」を見ましたが、今日はシネマ・ジャック&ベティで「家路」を見ました。

 福島原発事故のために、村を離れ、仮設住宅に暮らす、母親と息長男夫婦、そして、東京から戻って来て、無人の村で暮らし始めた二男を中心に、震災が、原発事故が影響を与えた人たちを描いています。

  監督はドキュメンタリー畑の人だそうですが、ドキュメンタリーとして撮るにはさわりがある、つまり、実在の人物をモデルとしているということなのでしょう(先日の新聞に監督の談話が載っていました)。

 松山ケンイチさんが二男、こんな場所嫌いだと言って去った村に戻ります。

 内野聖陽さんが長男。デリヘルで稼いでいるその妻が安藤さくらさん、なれない暮らしでいつしか認知症の兆しが見え始めている母親が田中裕子さん。

 他にも・・・例えが全部NHKになりますが、朝ドラの室井さん役の山中崇さんや、先ごろ放映の「紙の月」の無理解な夫を演じた光石研さん、先週、美食の街を訪問する旅モノに出演していた木曽のすぐき大使でもある田中哲司さんなどなど、芸達者な俳優さんたちが揃っている映画でした。続きを読む

牛の鈴音を見ました。

今日は何の割引もない日だったけれど、シネマ・ジャック&ベティで上映中の「牛の鈴音」を見ました。この映画、地味な映画ではありますが、横浜駅界わいでは老舗のシネコンであるムービルでも先月辺り上映されたんですよね。

韓国の自然豊かな農村部に暮らす倹しい老夫婦と、彼らの家にいる40歳という牛としては超長寿な雌牛との日々を撮ったドキュメンタリーです。

ドキュメンタリーだから、著名俳優が出てくる訳じゃないし、派手な出来事は何もない、淡々とした日々を描いているのだけれど、風景がものすごくきれい。効果音なども無理に挟まず、カッコウや虫の音など、本当に自然な感じです。

年老いた働き者の牛をとっても愛しているおじいさん。8歳の時に鍼治療に失敗し、片足は細いままの障がいがありながら、とにかく働き者。おばあさんは、無口で頑固なおじいさんについて「私ほど苦労している者はいない」とか「こんな牛を大事にして、私の事は放り出しておいて」などなど、愚痴のオンパレード。続きを読む
記事検索
Recent Comments
自動車保険の一括見積り
価格.com自動車保険 比較・見積もり
利用中ASサイト
★誰でも使える自分買い用★

★★★オススメ!
エーハチネット

★★★サクサク動きます。優良企業がグッと増えポイントアップ!
アクセストレード

★★ここも老舗です。最近使い始めました。




★★大手、有名企業が多い(ハードル時として高いものもアリ(^^;))
リンクシェア

★★★新しいところですが、簡単で使いやすい。

★★これも新しい。
JANet


Amazonサーチボックス
since 3/31/06
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ
Profile

甲斐小泉

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
Categories
ただいま使用中の格安SIM
1日1クリックで募金を!

お買い物に便利!



手堅くアンケート!
★沢山配信されるので直ぐに換金。おススメ!
マクロミルへ登録

★ネットアンケートの老舗★
NTTコム リサーチモニターに登録!
愛用品のご紹介
家族のお買物コーナー