私から見たら若手の収納大家の古堅さんの特集。著書は書店で目にした事がありますが、ご本人を見たのは初めてです。愛ある毒舌で人気なんですってね。

まさにバブルの申し子状態の誤解を招くド派手キャラクターだったようですが、非常にまじめ、はじけてるようで基本は良妻賢母。

男児二人のお母さんなのに、お仕事柄とは言え、スッキリおしゃれ、あたたかみのあるインテリアはさすがです。


寝室がごっちゃ、台所がごっちゃな二軒のお宅の事例、特に寝室の方は、我が家もほめられたもんじゃないから反省。

ダイニングテーブルに散らかっている物が、その家の優先事項で家族は二の次って言うのは、これまた耳が痛い話。

ちょっと片付けようのモチベーションが久々に湧きそうです。続きを読む