本当に捨てるの苦手。なかなか買わないから、家からモノがあふれ出て、ごみ屋敷になるのを免れているような次第です。

 それでも、筆子師匠のおかげで、以前よりはだいぶ捨てる、というか手放すことが出来ているのですが(当社比というのに相当する基準です)。
 
 さて、これもそんなもののひとつ。一体いつのものだ?

IMG_5987


 シール切手を使い切った後に残った柄がかわいくて、つい捨てずにいつまでもキープしていたアホです。(^^ゞ続きを読む