カーペンターズの名曲に「雨の日と月曜日は」というのがあります。多くの人が憂うつになりがちな日でありまして、カレンも落ち込んじゃうと歌っている悪条件の日。

 ならば、空いてるだろう・・・と八ヶ岳に行っている間くらいから、目がゴロゴロして痒かったり、ぼやけるのが気になっていたので、眼科へと行ったのです。

 ところが・・・土日も半日と言えど開業している医院だし、雨降っているから、きっと患者さんは少ない(ハイ、不謹慎かも知れませんが、天候が悪い日はシニア層が少ないので、混まないという経験を繰り返しておりまして)だろうと行って見たら・・・

 全然違っていた。かつてない程混みあっていて、待合室の中では座る場所もないのでした。

 そこで一計を。眼底検査をして貰いたいと思っていたので、瞳孔が開くのに時間が掛かるから「瞳孔拡散剤の点眼をお願いします」と頼みました。通常通りに検眼をして、その後拡散剤を点眼してもらったのでは、到底午前中には終らないでしょう。

 結果、拡散剤が効いて瞳孔が開いた後には診察室に入れて貰えて、時間を無駄にしたぞ感が少なくて済みました。

 ただね〜、メガネに傷が出来てしまったせいなのかどうか、文庫本を読む時に一部の文字がぼやけるんです。それを先生に言ったら「検眼をして、視野の検査をしないと分からないので、今後も気になるのならまた来てください」と言われてしまいましたよ。^_^;

 眼底には特に異常はないそうです。ゴロゴロの結膜炎対応のための点眼薬を2種類出して貰いました。続きを読む