台北で朝を迎えました。今日もお天気は良くありません。冬の台北というのは結構雨が多いそうです。

 泊まったホテルはコスモスホテル。ツアーの中では1番安値のホテルですが、駅のすぐそばだし、おのぼりさん的な賑やかな方がいて夜更けに若干うるさい事を除けば、そして、若干のニオイと(私からすると、悪臭とは言えないものの、違和感があるにおいではあります)トイレのペーパーの慣習の違いを除けば、なかなか快適なホテルです。事前に検索をかけたところ、上位で若干高いめのホテルより評判良いようでしたので、キャンセル待ちした甲斐がありました。

 ホテルの朝食はバイキング。長男いわく「味がない」そうですが、ラーメン、おかゆに、パン。日本人が多いので、味噌汁なんぞもあります。偶然相席になったのは昨晩一緒のテーブルで小籠包を楽しんだOLさん2人組でした。

 マイクロバスで観光開始。流暢な日本語をしゃべる可愛いガイドさんが同乗。先ずは日本だと靖国神社的な位置づけになる忠烈祠。ただし、ごく最近の災害救助のために殉職された方も祀るなど、靖国神社とはかなり趣が違うようです。
 
 ここの名物は衛兵交替。門の部分の左右のお立ち台にまるでよく出来た人形のように立っている若い軍人さん。エリートだそうです。

 そして1時間に1回の衛兵交替が始まると、陸海空の制服を着た軍人さんたちが靴音も高く廟に向かうのを観光客が追うという次第。バトントワリングのように銃剣をたくみに扱います。武器である銃剣の重さは相当な筈。

 2009年12月18日忠烈祠

 こう言った場所を妙に神格化せず、観光資源として生かす台湾人の柔軟さには感心します。

続きを読む