ジオの記事のコピペです。
★省エネルギーというより、まずは環境面、ストレス面を考えての行動ですが・・・

 電池を使って、何か動かす系のグッズって、電池が偏った減り方をするんですよね。例えばゲームボーイなど、電池のパワー計ではかると、1本はまだ使える余力があるのに、もう1本はゼロだったりする事、ままあります。ゲームボーイについては、充電式電池を買ってみたモノの、管理力のない子ども達の前に見事に挫折した苦い経験がありますが、(また、これが紐がぶら〜んとしてるような使い勝手が悪い電池だったりしたのですよね)大人が使うもので、モバイルしなくていいものに関しては、ACアダプタを買ってきた方が、半端な電池が出なくて助かります。

 私の場合、アルバイトで使う小型テープレコーダーが電池食いで、半端な電池を量産してくれて困っていました。いくら、パワーが残ってる電池は時計や電卓などに使えますと言われても、家の中にそうそう沢山はありませんからねぇ。しかも、もっと困るのは作業の途中で、いきなりパワーが衰えてきて脅かされる事。再生時はいいですが、録音時は真っ青。ゴソゴソ電池を取り替えている間に、大事な部分が抜けていく〜(;_;)

 しかし、これもACアダプタを使う事で見事解消しました。安定したパワーで、よっぽどの操作ミスでもしない限り、電池切れによる録音ミスはないし、再生もなめらか。これで味を占めて、軽いICレコーダーに切り替えた時も、やっぱりACアダプタを買いました。

 電池よりアダプタの方が重たいし、初期投資も確か2100円程度必要でしたが、その重さたいした事ないですし、また半端な電池の山を見るストレスからも救われました。初期投資がちょい掛かるけど、後は平坦って、これプリペイド式携帯電話なんかとも似ていますね(^_-)  (2/20/04)




★ご家族に入眠時はほのかな明かりがないと眠れないという方おられます? 実は甲斐家二男君がそのタイプ。ナツメ球という小さなオレンジ色の一灯がなけりゃいけないんです。

 しかし、最近、寝室の蛍光灯をホタルックというのに換えたら、彼はナツメ球ナシで眠れるようになりました。ホタルックはNECから出ている製品で、蛍光塗料が塗ってあるらしくて、消灯してしばらくのあいだほのかに青白く光るんですね。ナツメ球より明るいくらいです。そして、子供が寝入った後くらいに完全に寝入った後に消えてしまいます。

 一度寝入ってしまったらよほどのことがない限り一晩中起きないタイプのご家族なら、このホタルックを試されてはいかがでしょうか? ナツメ球とはいえども、一晩中つけっぱなしだとそれなりに電気代がかかると思いますし、ナツメ球って案外、ついうっかり朝になっても点けっぱなしをしやすいんですよね(私だけかなぁ(^^ゞ)。ホタルックならば、根元からバシッと消せますから、多少なりとも節電に貢献してくれると思います。

 難を言えば、ホタルックはセール品になりやすいので割安価格でゲットできにくいようですね。そこんところのコストまでは計算できてなくてごめんなさい。 (2/18/04)


★ちょびっとだけれど節電! 甲斐小泉は携帯電話の電源は、夜10時になると切れて、朝7時になるとつくように設定しています。じゃあ、何のための携帯だって?と言われそうだけど、もともとは深夜の電話に煩わされるのが嫌い(余談ですが、我が家では高齢者に何かあっても、どうせ駆けつけて間に合う状況ではないというのがあるので、今後の状況次第では設定を変えるかも知れませんが)という命題に沿ってでした。

 そうして見てると、常時つけっぱなしにしてる長男の携帯と比べて、どうやら充電回数が短くて済むようなんですよ。充電すりゃ、当然ながら少々とは言っても電気代はかかる訳だし・・・余分な電話に煩わされたくない、緊急電話が掛かってくる可能性のない人、ない時間帯には携帯の電源は切ってはいかがでしょう? なお、朝になると電源が入って、たまったメールが来るので、目覚まし時計の代わりにもなるというメリットがあります。(笑) (12/7/02)



★これも何をいまさらワザです。炊飯器、炊き上がったら、ず〜っとコンセント入れっぱなしにしてませんか? 保温していても米がパサつき味が落ちるそうですし、しばらくは余熱でほかほかしていると分かったので、甲斐小泉は炊き上がると、洗い立てのフキンをフタと釜の間に入れて、電源切っちまいます。温度を出す=家庭内での電気代上昇要因と言われていますから、きっと、ちったぁ節電に貢献してるのに違いありません。  (12/7/02)

★コンクリートの箱である集合住宅住まいの甲斐家では、なんと石油暖房を使っていないのです。エアコンとホットカーペットと、あんまり出番のないオイルヒーター、プラス足元ヒーターで凌いでいます。そんな甲斐家では冬場の寒い時にはお客様を呼べない!^_^; 逆に言うと、冬場はよく晴れて暖かい日に、複数のお客様(出来たら子どもまで混ぜて)を呼び込んでしまって、ワイワイがやがややればいいという訳です。お日様の余熱に人いきれで暖房なんてほとんど無しでOKよ!勿論、あらかじめご招待申し上げてきちんとしたお客様をなさるお宅では、天気に合わせてとは参りませんが、来る人と言えば、子どもの友達か近所の気楽な主婦仲間くらいという甲斐家では、このワザで節電に一役買ってもらってます・・・・そして、寒い日はおよそへお邪魔すればなおOKだよ〜!(゜゜)☆\(――;)(1/9/02)



★今ごろ書くな!と叱られそうですが・・・皆さん、まさか炊飯器の電源、いつまでも入れっぱなしって事ないですよね〜。甲斐小泉は炊飯が終わったら、なるたけ早く電源切っちゃいます。(コンセントを抜く)蒸らし具合がどうなの?と心配だったら、きれいな布巾を一枚挟んでふたをするとか・・・とにかく家庭の電気食いは熱源だそうですから、なるたけ早く切る、付けっぱなしでず〜っと保温してるとご飯もパサついてまずくなるそうですから、一食かせいぜい次の食事で食べきれる位の量だけ焚いて、さっさと食べちゃいましょう。残ったときは冷凍保管して、レンジで解凍したほうが、エネルギーも無駄にならないし、味もいい。冷凍するときは、うすべったくしてラップで包むと解凍時間が短縮できます。



★も一つ、今ごろ書くな、の常識です。(゚゚)☆\(--;) アイロン掛けをする時は、まだぬるい時に化繊系の大物(シャツ・ブラウスの類)をかけて、あちあちになったとき、木綿や麻などの大物にかけて、大体済んだな、と思ったらコンセントを抜いてしまって、木綿・麻などの小物(ナフキンやハンカチ)、さらに化繊ものの小物に、という手順で利用します。ま、ホンネを言うと、小物なんぞ、アイロンがピンとあたってなくてもいいじゃんか、余熱で十分だよ(^^ゞ



★ミレニアムの夏もメチャ暑い。卑怯者(?)の甲斐小泉はハンドル名が示すが如く、八ケ岳山麓の田舎に消えておりますが、ここも暑いぞぉ。それはさておき、都市部の暑さが1段とひどい原因の一つはコンクリートとアスファルトがいっぱいだからというのもありますよね。

 エアコンの出番が増えて、電気代もうなぎ上り。エアコンの設定温度が1℃違うと省エネ度が違う、というのは有名な話ですが、暑さ対策の一つとしては直射日光を浴びる窓に葦簾やすだれをかけたり、あるいは朝顔や糸瓜などのツルを這わせるなどして、日陰を作ること。

 エアコンの室外機が日光にさらされるかどうかでも省エネ具合が違うんだと聞いております。勿論、できたら真昼間からエアコンをがんがんはやめといて、昼間は扇風機やうちわを出してしのぎ、夕方のばてばてタイムくらいからエアコンを始動し、家族が寝静まった深夜にはエアコンが切れるようにタイマー設定しておきましょう。

 あんまり暑くて伸びちゃいそうな日は、健康優先で電気代二の次ですわ。でも、エアコンかければかけるほど、結局温暖化に拍車がかかると聞くと、どうしたもんだろうなぁ、なんて悩んじゃう甲斐小泉です。




★自分でも笑っちゃうんですが…甲斐小泉が最近考え出した足元暖房。な、なんとパソコンのコードの途中についているACアダプタ。普通のアダプタに比べて平べったいのが、足元にころんと転がっているので、ついつい足先が触ってしまいました。そしたら…ほかほかっとあったかいのね。ごく小さなサイズですから片足ずつ乗せて、暖を取るというわけです。

 おかげさまで超冷え性の甲斐小泉がフリマで300円で買った足元用と称する座布団型カイロの出番が少なくなりつつあります。皆様のお宅でもACアダプタ付きの電気製品があったら、ご使用中はミニミニ足温器として「ながら使用」されてはいかがですか?(ついうっかりして蹴っ飛ばして本体まで壊さないでね^^; 足癖の悪い人には不向きかも?)




★正直に告白しましょう。えらそうなこと言ってる甲斐小泉家。実はの冬場の電気代が、1998年度と1999年度で1.3倍は上がってしまったのです。理由として考えられるのは、ひとつしかないっ! それは長男が飼い始めた熱帯魚のために設置したヒーター。温度設定25度。水温の下がる冬場になると勝手に温めてくれる、ということはず〜っと電源入りっぱなし。たかが小さな魚用と侮るなかれ。甲斐小泉の田舎の家は、冬場の水道管の凍結防止のためにヒーターを巻いているのですが、これがあるためにだ〜れも行かない状態で電気代が10000円を軽く越えてしまったこともあるのです。

 …なもんで、今は一度故障すると面倒だよ、といわれている1箇所以外、ヒーターは使わないんですが、それでも、1ヶ月滞在し続けている夏場より、無人に近い冬場の電気代が高いんですよ。^^; そんなこんなで、熱帯魚って水槽代や餌代以外に電気代も食うのね、と今更悟った愚か者なのです。


 で、長男は今度はチンチラを飼いたいと言っています。チンチラというのは、ねずみの親玉みたいでとってもラブリーなんですが、これは熱帯魚と逆に夏の暑さに超弱いとかで、飼うなら1日中冷房まわしっぱなしを覚悟せよ、と飼育の手引きに書いてありました。そ、そんなぁ〜。夕方からしか使わない夏場の冷房ですら、一挙に電気使用料を押し上げる効果があるというのに…・ということで、ペットを飼うときには、保険の効かないお医者様代から始まって、光熱費までようく考えて、無理のない範囲で楽しみましょうね。逆に言ったら、そこまで気をつけられない人には飼う資格無しということでもあります。

→チンチラゴマちゃんが我がに家やってきた21世紀。夏になって仕方なく長男の部屋にエアコンをつけました。けちな甲斐小泉だが、省エネ性能を基準に、店の人が勧める型番を跳ね除けて(そいつは省エネ性能が悪いのに価格は買おうと思ったのと同じ程した。^_^ ;ネットで、質問したら電気店にお勤めの方を始めとして、「今は基本的にそんなに変わらないから、お勧めは恐らくは店にマージンが入るもんでしょ」というアドバイスをいただき、安心して欲しかったのを買ったという経緯がありました)機種を決めた。その成果か長男のエアコン使いの荒い割には電気代がかさんでいません。 

教訓:特にエネルギー食いタイプの家電(冷蔵庫、エアコンなど)を新調する時は、多少割高感があっても、省エネ性能の高いモノを買うべし! 結局、電気代ですぐに元が取れる。お店の勧める品は「店が得する」物であるケースがあるから、チラやシセールストークにはご用心! 迷う時はネットで質問してから決めよう! (3/26/02加筆)




★日本の夏の暑さにはお手上げだけど、このところ暖冬ということもあって、冬の過ごし易さは不気味なくらい。で、特に寒冷地でもない限り、寝る時の暖房なんて、不用だよ〜。まず寝る前にお風呂に入っておけば、それだけでぽかぽかだけど、超冷え性だったり、入浴後すぐに寝られないなどという事情のある人は、ほかほか靴下やガウンを着込んで寝てしまえばいいのだ! 冷え性の甲斐小泉だけど、超ぶあつい靴下にフリースのガウンを着て寝るおかげで、めったなことでは電気アンカもいらないし、勿論我が家には電気毛布なんていうものもない。勿論、エアコンやストーブをつけておくという事もあるはずありません。それが冬場の電気代の少なさにつながっている、という訳です。



★いよいよお寒くなってまいりました。甲斐小泉の家はガスが引けないし、石油ストーブもなし、という事で暖房関係は全部電気。しかももう10年を過ぎた旧式の製品が主流です。お宅ももしもそういうご家庭でしたら、何といっても、冬は重ね着をして暖かくする事ですね。特に女性の場合下半身が冷え易いので、足先や腰まわりを暖かにすると、暖房をがんがんきかせなくても済みます。(これは石油やガスの場合でも、勿論節約になりますよ。(^。^))

 何といっても、暖房かけすぎで頭がぼんやりしたり、お肌がかさかさにならないのが嬉しいですし…。重たい重ね着は肩こりの元なので、軽い衣服が求められるのは勿論ですが、背中や腰にカイロを入れると、これまた効きますよ。カイロがずるずるしないようにカイロ用の腹巻(400円くらい)を買うと、いつも安定した場所にいてくれます。それにつけても…・夏でも冬でも同じ格好(つまりステテコとシャツ)で、やれ暑い、やれ寒い、と言うおやじを何とかしなくちゃですね。夏は風通しの良いサラリとしたウェアを、冬は暖かい服を着れば、即省エネに結び付く、というものです。要おやじ教育!




★これはプリンタをお使いのパソコン初心者に限定!の話です。プリンタ使用中に、止めたい!と思った時、画面上では既に中止のための指示を出す表示が消えていて慌てることありませんか? そういうとき、甲斐小泉は用紙を抜いてしまうのです。そうすると、次の頁から「用紙がありません。」という警告画面と共に中止ボタンが出てくるので、すかさず押すのであります。これで、まごまご迷ってるより電気代と紙代が少しでも節約に…(^^ゞ




★夜、部屋を消灯したあと、急に探し物をする、ということありませんか? 細細したものを探すなら電気をつけたほうが良いですが、大きめサイズでどこに置いたかおおよその見当はついている、という時は、電気はつけず懐中電灯をつけて探すと良いと思います。その心は、一瞬の点灯による電球の消耗を防ぎ(特に蛍光灯の場合)、少々省エネ。そして、懐中電灯の電池チェックともなるからです。いざという時に必要な懐中電灯が、その時になって電池切れでは困りますものね。(^。^)




★この技、実践済みのネタをアップする、という本ホームページの主旨からちょいと外れてしまうので心苦しかったのですが、今や多くの家庭で普及している洗浄機能付きのトイレ(要するにウォッシュレットなどのコトデス)は、特に夏場は出来るだけ温度設定を低くすること、そして、トイレを出る時、必ずフタをしておくことで、保温状態が違い、節電に結び付くそうです。(我が家のトイレは古典的な様式です。まっ、これが一番省エネだと思いますが…(^^ゞ)




★とあるところからゲットした情報。夏場は麦茶などを夜のうちにカキーン!と冷やしておいて、翌朝になってから、ポット(電気式はダメよ!)に移し替えること。これで、冷蔵庫の開け閉めの回数がぐっと減り、節電に結び付くそうです。な〜るほど。


★今まで子供が大きくなるにつれて上がる一方だった電気の使用量。それが、なぜか去年より今年が低い。長男はやたらとCD聞くようになったのに、何故? 確かに今年は暖冬で、ほとんどエアコンを使わなかった、というのも大きいのですが、パソコンの画面も一役買っているようです。去年の前半にはまだ我が家にはレンタルの旧式なCRT画面のパソコンがいたのですが、今年はいない。作業中つけっぱなしにしている事も多い我が家で、省エネのTFT画面だと、これっくらい違うのか、と感心しているところです。
→やはりCRT画面とTFT画面だと、電力消費量は違うようでした。具体的数字が出せずごめんなさい。



★これまた有名な話で恐縮ですが、掃除機をかけるとき節電するのには、部屋の中を片付けておくことが第1です。(スイッチのオン・オフが電気代を食うのだそうです。パソコンの起動に電気代がかかるのと同じですね。)更に、延長コードを買ってきて、1度スイッチオンしたら、そのままの状態で家中を掃除してしまうと、電気代の節約に結びつくそうです。広大な邸宅にお住まいの方は試すのをあきらめてくださいね。また、お掃除時間に年配の方や小さいお子さんのおられるお宅でもつまずいたりして危険かも…。なかなか延長コードを買わないでいた甲斐小泉ですが、6月末に田舎の家の余分を取ってきました。はて、成果のほどは???もう少々お待ちを!→う〜む、成果を計ろうと思っていたが、徐々に長男の電気使用が増えてきており、実態不明なんです。ごめんなさい。ただ、理論的には明らかに、こと掃除機かけに掛けては電気使用量が減ってるはずなんですよね。



★あまりに公然の事実と思っていたので書きませんでしたが、電力会社からの月々の検針のお知らせを見ると節電技が色々と乗っていて面白いです。電力会社のHPにも節電の知恵やチェックコーナーがあるらしいですよ。1度覗いてみてはいかが?



★アイロンをあまりかけない、というのも甲斐小泉家の電気代節約に寄与しているかも? 夫のワイシャツは形状記憶加工(ミラクルケアというモノ)だとアイロンを掛けちゃいけないのだ。それでいて下手なアイロンを掛けた後くらいの風体を保っている。なので、甲斐小泉家ではこれからそればっかりにしようと思う。主婦はもちろん、ノーアイロンのランズエンドばっかり・・。子供も綿ジャージイものばかり。



★冬場はあとちょいで乾くのに、というものは、たたんでからきれいに掃除したホットカーペットの上に置くとよろしい。(掃除していなかったり、元気なおちびさんやペットがいると悲惨なことに…)



★最寄の東京電力に電話して、最近1年間の電気使用量を同じ契約アンペア数のお宅と比べてグラフで出してくれる「シェープアップカルテ」を出して貰うといいよ。反省材料か自慢材料のどちらかになる。(お客様番号をあらかじめメモして電話ね。(*^_^*)



★使っていない電気はビシバシ消してしまおう。お客様がいらしたときなど、見栄張らず、廊下や洗面所の電気は消させてもらえる関係を築く。



★おうちの電球、白熱球から蛍光灯に変えてしまいましょう。初期投資はちょっとかかるけれども、電気代が減るので十分に元は取れる。



★トイレ、洗面所、廊下など、もともと付いていた電球よりワンランク、ワット数を落としてしまおう。60Wだったら40Wにとかね。



★お宅の電気の配電盤を見て。アンペア数をワンランク下に切りかえるのだ。そして、使っていないブレーカー(例えばクーラー用など)は落としてしまおう。