図書館から一度借りて、最近、また借りてきて読んでるこの本。
コレをやめたらいくら貯まる?
スリム生活研究会編
河出書房新社 (2003.6)
通常2-3日以内に発送します。
 なるほど〜なんです。習慣に陥りがちな缶コーヒーやらペットボトル飲料、タバコ等々をやめたらいくらが浮くのかが書いてあって、なかなか面白い。

 見開き左側がやめたら・・というターゲット。右側がですなぁ・・・浮いたお金で何が出来るかって書いてある。

 確かに、何が出来るかと具体的に書いてあるから、余計の事イメージしやすいんだけど・・・野暮天の甲斐小泉は思うのですよ。

 コレをやめて浮かせたお金使ったら、貯まらないじゃん。タイトルに偽りありだよ〜ってね(笑)。

 てな「いぢわる(あえてを使います)」な読み方をするヤツですが、でも、それにしても、手のひらサイズ(より若干大きめ)のこの本って、ブタの貯金箱の表紙もかわいいし、結構好きです。 ただし、も一つ言えば、この本が出てから3年。既に携帯電話の状況なんかは大分変わってますし、今ならガソリン代の節約が載るかも。けど、基本的な「不要な習慣はやめろ」ってコンセプトは今に通じますね。

 →以下蛇足:しっかし・・携帯電話、使い放題だの無料だの色々言うけれど、相対的にドンドンお金がかかる、そして無駄時間が生じるようになってるとわが子たちの使いっぷりを見て思うよ。プリペイド式携帯だと、上限があるから、おのずと節制するけど、パケット通信代が定額なんていうと、いっぱい使っちゃって大丈夫って気になって、結果として、以前より払う羽目に陥ってるようよ。^^;

人気blogランキングへ

※コメント等は掲示板にお願い致します。