こんなに長丁場になると思わず、現状ではまさに県境越え移動OKとなる月半ばに医療機関2か所の予約を入れてしまっていました。

  加えて、入梅前に一度だけでもウサギ山小屋の点検をすべし!で7日、山へ移動しました。

  しかし、天からのお尻ペチペチと言うべきなのかどうか。

  往路、高速道路に侵入後、圏央道の重大事故で厚木以北は通行止めと知りました。

  厚木PAの手前のインターで降りる手もありましたが、交通警察官の誘導も無かったので、そう長くはあるまいと、厚木PAでそばを食べて、ついでに友だちへの手土産を買ったりして、いつもより長めのゆっくり滞在をしました。

  お店の方たちも仕方ない事情なので、長居に対して不快の念を示すこともなく、時節柄、席が満席にならないこともあり、店内で時間調整出来て大変に助かりました。_(._.)_

  こういう時に便利なのはSNS。

  やはりと言うべきか、twitterでつぶやいてくださる方が二、三人いらして、動き始めたという情報を見て、パーキングエリア食堂の窓際席から見える高架の上にちょこんと突き出たトラックやルーフキャリアが左に動き始めたのを確認してから、トイレに寄って、走行再開しました。
  
  事故処理のため片側1車線になる部分で渋滞しましたが、後は順調でした。

  ETC割引は土日ですが、14日までありません。なので、普段以上に空いていました。談合坂サービスエリア、双葉サービスエリアと、パンフレット集めが好きな家人Aが寄るので、内心ぶすぶすでしたが、運転してくれてるから我慢我慢(このパンフを有効期限切れごとに処分しないと、大変なことになります。(~_~;))。

  須玉ICで降りると、ほぼ県内ナンバーばかり。普段ならば5台に1台くらい他都道府県ナンバー車なのに、15台に1台いるかいないかという感じで、ひたすら恐縮なのですが、食料品積み込んで、極力出ないから、お許しくださいませ、という心持でウサギ山小屋へ向かいました。

 駐車場スペースで待っていたのは、ざわざわと生い茂ったオダマキの群生。

 山野草ショップに持ち込みたいくらいの量で、しかも、誰も踏みつける人がいなかったからか、いつもよりはるかに元気いっぱいです。

 オダマキはスミレと並んで偏愛して来たので、長年の優遇措置が効いたようです。

 車をオダマキが進出していない側に止めましたが、こちらは野生のキイチゴがかなり進出していて、あとは私が冷遇しているキク科らしき雑草とオオバコがいっぱいでした。

 キイチゴも相当伸びていたけれど、タラノキもものすごく増えていました(今までは誰かしら山菜摘みされてたのかも知れませんね〜(;^_^A)。

 室内は思ったほどカビくさくなかったのは幸いですが、台所のシンクの排水溝の蓋の上にこんもりとカビの毛玉が出来ていたので、うっへ〜と思いつつ、ペーパーで取り去ろうとしたら、何やらかつんと・・・う、小さな骨っぽいものの感触があったので、ひえ〜と思いつつ、勝手口のドアを開けて、外に出しました。

 いちいち見ていたら、作業が進みませんからとりあえずポイっと投げたヤツですが、その紙をゴミと見て、止水栓を開けたりしていた家人Aが拾い上げたようです。

 埋葬をお願いしたのですが、それ、小鳥だったのか、ネズミだった巨大な虫の死骸だったのか? 家人Aにも判別しがたい代物だったようです。

 どこから入ったのでしょうか?

 おそらく水場を求めてシンクにまで行ったのだろうと思いますが、カラカラのシンクで・・・

 う〜、ミニホラー

 4月、遅くともゴールデンウィークくらいまでに行けていたら、この惨事はなかったのか、もっと生々しいものを見なくてはいけなかったのか・・・・謎です。

 翌8日の午後、市役所の支所に行って、これなるプレートをいただいてきました。

_20200608_202344


 もらえる条件、必要書類等はこちらに書いてあります。


 これで少しホッとしました。

人気blogランキングへ