きんもくせいの香りが漂うようになり、もう絶対に夏みたいな気温には戻らないのだろうなと思える秋らしい日々になりました。

20201004_103231


 かねてより申し上げているように、基本的に捨てるのが苦手。自称捨てられない女です。

 ですが、そろそろ生前整理を考えなくちゃとなると、何が何でも抱え込んではいられません。

 親亡きあと、または余命が分かった段階で、片づけを手伝った身としては、これ何でとってあるの?と迷うようなビミョーなものが1番困りものだと思っております。

 金貨とか金券みたいな、お金に化けるもの、使えるものなら残しておいてもいいの。

 また、あんまり思い入れもなさそうな紙類も、一気呵成に紙ごみとして処分出来ます。

 ですが、壊れてるんだか壊れてないんだかわからないような何ものかが困ります。

 自分自身はけちんぼですから、使えそうかもと思うと、そこで手が止まってしまいました(タメコミアンである家人A以外はそっけなく処分できるとは思いますが)。

 そこで、本日はこれらとお別れしました。

DSC_1558


_20201005_105142

 電卓。上の小さいほうは割と初期ので今となっては希少な日本製です。下のは普及し始めてからのもので中国製でソーラーパネル入り。

 市のごみの捨て方マニュアルによると、電卓は電池は抜いて燃えるゴミにという事もあり、後ろについているねじを外してみました。

IMG_20201005_105909_123


IMG_20201005_105512_923


 日本製のは、普通の乾電池が入っていましたが、まぁ、見事にカピカピのボロボロ。念のため、ボロボロを拭いて(もちろん、素手ではありません)、試しに新しい電池を入れましたが、もう完全に動かなくなっていました。

 納得!

 ソーラーパネルのついているほうは、液晶はまだ生きてはいるけれど、文字が薄れていて、完全な数字ではない表示になります。こちらは素人では手に負えないはんだ付けで電池が収納されていたので、その旨をメモに書いて、外したねじも本体にセロテープで貼り付けました(そのほうが、収集後に電池外すとき、ひと手間省けるかと思いまして)。

 納得!

 どちらも、もう素人では直せない状態になっているのだなと、分かりました。

 多分、日本製のは実家から持って来たんだと思います(それこそ遺品整理で発見して(笑))、そして、ソーラーの方は長年、我が家の節約生活に尽くしてくれました。

 ありがとうね!と言ってお別れしました。

 かように、捨てられない女でも、納得出来たら、手放せるのです。

人気blogランキングへ