自分もその一人なのに、棚に上げて申しますが、平日なのに、こんなに人が多いの?と思ったのが、蓼科の著名スポット。

 まずは紅葉の名所という横谷峡へ。

1603797370345_IMG_8628

 また滝を見てしまった。 乙女滝というロマンティックな名前の滝ですが、実は人工滝なのだとか。
  この時点で結構人がいて、渓谷入り口の駐車場は空きが少ない状態でした。

  本日のお目当ては横谷観音展望台。渓谷からさらに上、開けた場所になりますが、こちらの駐車場もなかなか難儀で、あとから来た観光バスはほかの車の前に止めて、運転手さんがすぐに出られるようにスタンバイされていました。

DSC_0003

 駐車場のすぐそばの展望台からの景色。紅葉が色鮮やか。

IMG_8635


 危うくそこで戻ってしまいそうになりましたが、なだらかな下り坂の遊歩道を少し歩いたところが、本物の(?)横谷観音展望台でした。実際は錦のような木々の色づきが美しいのですが、写真ではその1/10も色が出ていません。

IMG_20201027_121853_404


 ここのアピール点は、好天ならば、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、すべての日本アルプスが見えるという事。

 しかし・・・どこからどこまでがそれぞれのアルプスなんだか、連なっているのでよくわからず。ただただ幅広い山脈に見えるのでした。(^^ゞ

 今日は昨日と比べると、雲が多め、山容もくっきりと見えるというレベルではないので、なおのこと判別しがたいけれど、左側が南アルプス、中ほどが中央アルプス、右側が北アルプスです。

 この後、どうせそばまで来たのだからと、御射鹿池にも寄ろうと、いったん国道299号線、通称メルヘン街道を下って、湯みち街道という奥蓼科温泉郷に行く道を上るという行程を取りましたが、御射鹿池付近まで来て、まさかの渋滞。

 日曜日は横谷観音展望台の駐車場も結構混んでいて、空きスペース探しが大変だったし、御射鹿池付近の道路は渋滞とSNSで見たのですが、平日だから大丈夫だろうと思ったのは甘かったようです。

 初めてじゃないし、お昼も食べたいし、でUターンしました。

 クラブツーリズムをはじめとするバスツアーの日帰りコースではこの界隈、かなり人気なようですが、今や一大観光名所と化しているんだと改めて実感。

  白駒池は何年も前から紅葉の時期は渋滞すると知ってはいましたが、白駒池と違って、池の周りを散策するほどの規模がないー平たく言えばため池ですが、東山魁夷画伯の絵のモデルとなった、水面に移る樹木の美しさからの大人気でしょうか。

 買い物もできるし、でたてしな自由農園の原村店まで出ました。

DSC_1826

 
 こちらの駐車場もかなり詰まってます。こちらはレストラン側なので空きがありますが、農産物売り場側の駐車場はほぼぎっしり。

 2時くらいになってしまったので、軽く・・・

20201027_135845


20201027_140052

 観光地としてはお手頃価格のクロックムッシュにましたが、サツマイモのポタージュもついていて、それがなかなかおいしいし、クロックムッシュもチーズたっぷりで、思っていたより食べ応えがありました。💮

 農産物や信州特産品を扱うお店は大賑わい。 平日だよね?と何度も思いましたが・・・

 自分たちも含めて、圧倒的に多いのがシニアなのです。平日に出掛けられるし、そこそこ元気なシニアたちがほとんどで、若い人は指折り数えるほど。そして、お子さん方は全くと言っていいくらい見かけなかったです。

  多少の車の混雑はあっても、密にはならない。空は広いぞ、紅葉は盛りだぞで、自家用車で、バスツアーで、シニアがどっと繰り出したようです。

  宿に泊まらぬ我が家は恩恵は皆無ですが、自由農園のレジではGO TOの地域クーポンの表示もありました。

  新型コロナで未曽有の赤字とか、人員整理など、今晩のニュースでも経済の打撃を伝えていましたが、今消費面で元気なのは、失業の心配もしないで済み、大幅カット前の企業年金を受け取っているシニア層のようです(ちなみに我が家は、家人Aの退職間際に「今後の存続のためにお願い」の形で実態は強制の文書が届き、大幅カットをされました(/_;))。

 しかし・・・・この元気なアクティブシニア層もいつまでも元気ではいられない訳で、この人たちが出歩かなくなって消費しなくなった時、彼らほどの年金はもらえない下の世代としては、買い控え、節約をせざるを得ない訳で、新型コロナ禍による消費の手控えと相まって、この先どうなるのだろうかと心配になってしまいました。

 (要するに、混雑の理由=シニアの増大と気づいた次第です。(;^_^A)

 昔みたいに、みんなが土日とか、盆暮れなどの混み合う時に集中するのではなくて、分散するのは良いとは思うのですが、アクティブシニアがステージを去った時に、次なる人たちが現れないと日本はどこまでも衰退して行ってしまうかも・・・💦

 紅葉の美しさは冬枯れの前の美しさでもありますが、枯れっぱなしの日本ではなくて、冬を越えて、また花開く日が来ますように!

人気blogランキングへ