DSC_1949

  昨日、また届きました、楽天騙りのメール。

  案の定、転送先のGoogleのメールボックスでもYahoo!のメールボックスでも、迷惑フォルダに入っていました。
 ガラケー画面からはすぐに迷惑メールの通知を送りましたが、今朝になってauのwebメール画面にログインしますと、まだ普通のメールボックスに鎮座しておりましたので、迷惑メール報告を押しますと、このように移動しました。

2020-11-12au迷惑メールボックス

  以前にもauのキャリアメールがガラケーユーザーにとっては有料にもかかわらず、迷惑メールをはじき出す精度が低いとこぼしておりますが、このように迷惑メールの報告をしたのが並んでおります。

  楽天騙りのメールアドレスを見ると、以下の通り

 postmaster@rakuten.co.jp 
 mailaddservsmtyid-j2z3iuxit7u@dedekkucin.com 
 vrfe@amazon.co.jp 

 JCB騙りのメールアドレスは support@my.jcb.co.jp です。

 Amazon騙りは

 service@amazon.co.jp 
 ygidhisa@amazon.co.jp 


※よい子の皆さん、よい大人の皆さんは、決してこれらのメールアドレスに宛てて、メールを送ってはいけません!

 一目で「そりゃぁ、違うだろよ!」と分かるのや、楽天騙りのくせにamazonの文字が入っていて笑えるのや、amazonを騙るのはいいが手前の文字が明らかに怪しいなど、少し気を付ければスパムと分かるのもあれば、かなり本物っぽいのもありますね。

 特に昨日到着の とか、JCB騙りのは、いかにも本体から来ているっぽい体裁なので、うかうかすると騙されそうです。

 ただし、一部例外(以前、そういうのが来てぞっとしましたが)以外は、受取人の個人情報を知らないので、普通にお付き合いしているならメール文頭に書かれていそうな、個人名+敬称がなくて、メールアドレス+敬称の表示になっているので、見破れると思います。
 
 唯一例外で、私の名前までドンピシャのスパムメールを受けたのはこちらの話です。

 とにかくこの手のメールを受け、判断に迷うときは、まずは先方のメールアドレスを出して、検索にかけると、大概はスパムメールとして、既にほかの方が何かしら書いておられたり、本体の組織からの注意のページがヒットすると思います。

 しかし・・・繰り返しになりますが、無料提供のメールアドレスの方がフィルター精度が高くて、安全って・・・・そういう時代ですかねぇ。(;^_^A

人気blogランキングへ