たったのジャスト2か月で、旅行後の疲れ方がずいぶんと違う事に、老化現象を感じましたが、最近、いろいろとやらかしております。

  昨晩、風呂に入ろうとしたら、いきなり水風呂でした。

  いつも自動給湯機能を使って、少な目にお湯を入れて、風呂場を温めてから入るのですが、直前に浴槽を水でさっと流したまんま、水栓をシャワーからは戻したのですが、位置をお湯側に戻すのを忘れていたのです。
 
  ショック! 結構な量なので、もったいながりとしては、風呂水給水ポンプを使って、溜めてしまった水を洗濯機に移してと思いましたが、いつもながらの我が家の洗濯機の緩慢な動き、冷えた風呂場の冷気に負けて、えいやっ!と流してしまいました。

 あああ、もったいない!

 ですが、ここで凍えて、風邪を引いて、抵抗力が落ちて、インフルエンザとか、新コロにやられるかもリスクは避けたい!

  そのほかにも、登録したサイトで、こともあろうに、生年月日入力をミスっていたらしいと判明。退会→再入会をしなくてはな風向きです。

 パソコンの老化もいきなりやってくるので、今、これを書いているパソコンもいくつかキーが無効になっていて、肝心かなめの誤字脱字の消去が出来ないために、上書で消す方法で書いています(その分、誤字脱字が多くて・・・と言い訳・・・(^^ゞ)。

 人もそのように、何かしら代替手段を見つけて、進みゆく老化現象に適応するか、ほかの抜け道を考えねばです。

 老化現象を補うツールとして、パソコンやスマホなど、ITものはなかなか有用ですが(出向かず用事が足せるオンライン●●はもちろん、簡単なところではカレンダー機能を使って、大事な予定がある時にはメールがくるように設定するとか)、それもある時、いきなり限界に達するのかも知れません。

 今日、お試し無料読書で、ミニマリストの方が書いたこの本をダウンロードしてみました。

 無料で読める部分でも、今の社会で長期政権についているのは、政府の後ろにある「お金党」「モノ党」と「経済党」の連立政権、なんて、実に的を射る事が書いてあるなぁとは思ったのですが、ほかの個所では不安にもなった次第。



  確かに、若くてand/or 頭が働く時には、iPhoneやマックがあれば、すべて事足りるのかも知れないけれど、ある時、いきなりログインが出来なくなる、毎日繰り返して身についていたはずの操作方法が頭から抜ける事態に陥る時が来たら??

 機械ものを頼るだけではなくて、血の通うものも確保しておかないといけないのではないかと思います。

(機械<人間は日頃から思っていることですが、今晩のNスぺのひきこもり死の特集を見たから、なおさらそう思えました)

人気blogランキングへ