docomoのahamo、auはpovoと訳わからん名称の「新料金」(どう考えてもサブブランドだよなと思うんですが)が出て、今のまんまじゃ1年間無料期間が終了と共に、どっと解約されて、破滅するであろうと言われていた楽天ですが、新しいプラン出しましたね。

  余談ながら、私にはahamoはahomo(あほも)に読めてしまうし、povoという文字を見ると、どうしても、一世を風靡したおばかタレントグループのPaboを思い出してしまうヤツです。(^^ゞ 

  楽天Un-Limit、ひと月のデータ使用量が1GB未満なら無料って、そんな無茶をしていいのかという心配がないわけじゃないけれど、消費者としては分かりやすくて、しかも、データ容量に応じて、段階的に料金切り替えてくれて、楽でいいなぁという思いです。
Screenshot_20210202-150841

 問題は、昨年秋に経験したような、いきなり圏外になる結構重要地点があるという事で、それさえなければ、メインにしてもいいくらいなんですが・・・

 なお、いきなり圏外は、楽天電波圏に入るために、パートナー回線であるauの電波を切り離すことから生じるようなので、その点ではなかなか楽天電波圏内に入れて貰えなさそうな八ヶ岳界わいはかえって無事かもです・・・(^▽^;)

  ahamoは海外で使えるのは魅力ですが、そもそもいつ海外旅行が出来るようになるのか謎な現在、あんまりメリットにはなりません。

  povoは海外では使えないし、無料通話が無くて安いけど、LINEはあまり使いたくない身としては無料通話無しはきつそうです。そして、家族間通話やSMSは有料らしい、今のところ・・・・

 今の段階では、テザリングの有無、有料無料かも分からないし、対応機種も分からないと、分からないことだらけなので、分かっていることがはっきりしている楽天Un-Limitの方が圏外問題を除けば安心感があります。

 そうそう、最近、ちょっと感心したのは、昨年9月のGoTo京都で、駅についた時に検索掛けて、泊まる予定のホテルの電話番号を調べたら、楽天Linkアプリではない普通の電話からかけてしまって、泡を喰ったことがありましたが、先日、検索をしたら、その番号から楽天Linkアプリにつながるように改善されていました。

 今、ちょっと試してみましたら、こんな感じ。

Screenshot_20210130-212423

 ヒットした電話番号部分を選択すると、電話かけ放題になるLinkアプリにつながるようですよ(実際にかけてないので、100%大丈夫かは未確認で、悪しからず)。

  ただし、新しい料金の下では、低速に切り替えても、データ容量としてカウントするそうですので、自宅でWi-Fiを使って電話するのにいいかも?

 それに将来(いったいいつ?)海外旅行に行く機会があったら、まんま使えるし。

  ・・・というわけで、4月になっても楽天Un-Limitを温存し続けるかもになって参りました。(^^ゞ


 え、どうしてソフトバンク系列が選択圏外なの?って・・・・我が家の界わいでは電波が弱くて、ベランダにつるして着信するなんて話が過去にあった事。すごく端末値引きをしてくれるというのと引き換えに、料金制度があんまりにも訳わからんかったことに加えて、良かれと思って友人にワイモバイルを勧め、その対応の悪さでえらい目に遭わせちゃったことがあった苦い経験から・・・なんです。

 ソフトバンク系ファンの方にはごめんなさい。 

  ※楽天モバイル、新料金発表以来、申し込みが殺到していると、格安SIMの管理人さんがつぶやいておられました。    なかなか契約者数が増えず、人数達成していなさそうだった1年間無料の300万人は、新料金実施前に突破してしまうかもとも。    なお、お申し込みをされる時は紹介コードを入れると楽天ポイントが貰えるので、お友だち、お知り合いのユーザーさんがいらしたらお尋ねになってみてください。    どなたもいらっしゃらない場合、コメント欄でおたずねください。 上限が5人のルールだそうですが、今までこのブログから申し込んでくださった方はお二人のはずなので、現状、まだ3人分の枠は残っているはずです。   詳しくは、更新頻度の高い格安SIMの管理人さんのサイトをご覧になられると良いと思います。

人気blogランキングへ