以前、スカートを履く女性が減ったとどこかで書いているかと思います。ここがオフィス街や繁華街の近くではなく、住宅地を擁する郊外で、シニアの比率が高いというのもありますが、道行く人たちを見ても、季節を問わず、スカートを履いている女性の姿を見るのがとても少ないです。


  私もその一人。何てたってパンツ党。

  なので、残り布を使ったり、安い布地で手ぬいで試作する以外、スカートの新調はほぼなくなりましたし、機会を見ては手放して来ました。

  しかし、このスカートはあまりに異質で手放せないでいました。
DSC_2883

  確か35年以上前のスカートです。

  亡母が元気な頃、お友だちと当時のソ連領シルクロードとソ連領の欧州的な場所の周遊をした後、お土産にくれたもののひとつ。

  これともう1着、フェルト製で巨大な毛糸のポンポンのついたベストもくれましたが、ベストは数年前に、ハロウィンで使うという友だちが引き取ってくれました。

  それぞれ、どこで入手したか聞きもらしました。トビリシも行ったと言ってたので、その辺りの物でしょうか? 

  スカートはウェストがものすご〜くゆるゆるで、脱げちゃいそうだったので、花の織を施してあるウェストの裏側部分にテープをつけたのが、あまりに不細工過ぎて、お引き取りいただくのを躊躇したと記憶しています。

 
 生協で買ったこんなタイプのテープですが、切りっぱなしでざくさくと縫い付けただけという極めてお粗末な仕上がりで、さすがにこのまんまひと様に差し上げたり、寄贈型リサイクルショップへ持ち込んでも嫌がられそうだなと思ったのですが、さりとてテープを取ったら、一般的な体形の人にはとても着られないだろうというジレンマが・・・

 しかし、昨今の不要不急の外出を控えましょう!により、出番が増えたのです。

  不要不急の外出を控えるために近くの市民図書で本を借りる! でも、家にいる時の恰好のまんまで出かけるのはいまいちだな、さりとて、きちんと着替えるほどじゃないし・・・

  という時に、丈の長いこのスカートをさっと履いて、上にジャケットなりジャンパーを羽織ってしまえば・・・短時間滞在では上着を脱ぐこともないので、ごまかせちゃうぞ!

  さらに超寒い日には、家で履いてるスパッツみたいなパンツをドジョウすくいスタイルにたくしあげて、スカートの下に隠すというド無精ぶりです。(^^ゞ

  何しろ、丈がこれに近い感じなんですから・・・^_^;

furyou_sukeban (1)

  私たち世代のスケバンのスカート丈なので、思わず、オラオラ言ってしまいそうですが、民族衣装の流れをくむ野暮かわいいデザインですから、言いません。

  このスカートの欠点、もう一つありまして、ハロウィンの仮装みたいに室内にいる分にはさわりがないのですが、裏地のない素朴なスカートで、丈が長いため、とにかく足さばきが悪いのです。なので、短時間短距離の移動ならばぴったり。

  これが私の手持ちの最長丈スカートですが、あと1着、長めのフェアトレードのスカートがあって、この冬の近場の移動はこれでしのぎました。

  来年の今頃は、本を借りて読むばかりじゃない楽しみ方が出来て、このスカートの出番が減りますように!

人気blogランキングへ