モノ減らし励行中で、気になっていた物をチェックしていますが、小物は寄贈型リサイクルショップやメルカリで少しずつ減っていますが、それなりのサイズ、重量、制限ありのものはなかなか着手できないでいました。

 リサイクルショップでは受け付けて貰えないし、メルカリじゃ送料かけて見合わないし・・・そもそもぼろっち過ぎるので、これは粗大ごみかなと、市のごみ収集のサイトを見ていたのが、ホームベーカリー。

 まだホームベーカリーが出たての頃、ネットは発達してないし、個人情報保護もうるさくなかった時代、大手不動産会社の会員誌にも、〇〇円で譲ります!なんてのが載っていた時代でした。

 で、そこで目に留まったホームベーカリーを譲っていただいたのです。新品を買うよりはだいぶ安かったですが、のちに出た廉価版に近いお値段だったかと記憶しています。つまり、それほど出たてのホームベーカリーは結構いいお値段でした。
  届いたホームベーカリーはほとんど新品みたいなきれいなもので、大活躍して貰ったものでした。

  幼少期は何しろ偏食が多くて、食も細くて苦労した家人Cですが、ある時、ホームベーカリーで焼けたパンを冷ますために網に乗せて放置して、ちょっと近所の友だちのところに行って戻ってきたら・・・

 まだ幼い家人Cが、焼き立てのパンをぼろぼろにしながら、ちぎって1斤まるごと殆んど食べていた💦・・・というほど、美味しく焼ける機械でした。

  なもので酷使しているうちにだいぶぼろになって来たし、初期のごつい機械なので、かなり大きい音はする、熱は出る・・・な上、以前ほどおいしく焼けなくなって、焦げ焦げになったりしたこともあって、家人Bが反抗期になるくらいから、死蔵品と化していました。いつか使うカモという思いと共に・・・。

 しかし、もう使わないよね、どうやら市の基準だと、本体のサイズから言って、燃えるゴミに出して、中の金属製の型は小さい金属ゴミとして、別の日に出したらいいらしいと分かりました。

  じゃ、明日、本体を燃えるゴミに・・・

 と思ったところで、賞味期限切れのイーストと強力粉の備蓄があるのを思い出し、ダメダメな組み合わせで最後に試してみようという、ケチならではの思いが湧きました。動かなかったらそれまで。材料が無駄になるかもだけど、賞味期限切れですから・・・(^^ゞ

 ずいぶんと長い間手に取ることもなかった取説を見ながら、材料を仕込んで、スイッチオン!

 回りました!



  しばらく回転後、成型→発酵→焼き上げ。

  焼きあがって蓋をあけたところです。

DSC_3149
 

 ダラダラいろいろやりながら、だいたい4時間くらいかかったでしょうか?

 途中、焦げるにおいがしたので、こりゃダメかと心配しましたが、その後、香ばしい香りに変わりました。

20210321_175515

 
  見た目はなかなか。古いタイプの機械なので、こんなずんぐりむっくりなパンなのです。

20210321_175713


 そして、回転する羽根の部分が生地にはまり込んでいるのを、専用の器具で外さなくてはなのも、いかにも古の機械です。

  味は・・・正直なところ、今一つ。 風邪を引いたような粉のせいもあるかも知れませんが、バターがないので、オイルで代用させたりしましたからね。

  当初、夕食はご飯のつもりで、タイマーを掛けて炊飯するつもりでいたのですが・・・ケガの功名。材料を仕込む前に機械が動くかどうか、スイッチオンして確かめるため、炊飯器のコンセントを一時的に抜いて、それっきり忘れてしまっていたため、パンとごはんが重複しないで済みました(明日の夜、ふやかしすぎたご飯が登場予定(;^_^A)。

  ひさびさにパンの夕食。おかずは2月に生協からもらったホワイトソースと冷凍庫にあった鮭、じゃがいも、人参、玉ねぎ、しめじ、ブロッコリーとありもので、シチューにしました。

  あと2回くらい試して、今日並みの仕事をしてくれるようだったら、復活決定。

  我が家ではこの手の「断捨離しようかな」「でも、ちょっと待った!」で復活したものが、結構あります。今日着てるTシャツなんかもそうです。

  そして、もちろん、捨てない分、買いませんよ〜。

   日本経済には全然貢献できませんが、安直にゴミにせず、小さな環境保護につとめます。

人気blogランキングへ