時間不足で途中までになっていますが、今日はこれ!

DSC_3545

 先月、残り布で作ったボレロ風ベスト、今度はさらに古い残り布で作って見ることにしました。

 7年強も経っているのか💧

 の、残り布。

 一般的な木綿のガーゼではなくて、ウールガーゼなのと、生地が薄く透けるので、何にしようかと思っているうちに何年も経ってしまったのです。

  ボレロ風ベスト、着てみてなかなか正解だと思ったのは、Tシャツ一枚だけだと目立ってしまう経年劣化と引力の法則により、否応もなくオバチャンっぽさを感じさせる胸元をカバー出来ること!

  いやいや、何したってオバチャンでしょうが!!

  はい、そのとおりでございます。

 ですが、ワタシにも見栄と言うか、羞恥心と言うか、審美眼と言うか、要するにストレートなオバチャンぽさを避けたい気持ちがあるのです。

  人さまが見ても、自分が見ても、ああ、ダラっとしてるなぁ、と言うものを直視したくはないのです🥵 ま、多分、他人は気にしないんですけどね。

  なにはともあれ、フワッと一枚重ねるだけで、視線が逸れる……に違いない。

  目逸らし目的ならば、布地の薄さや質は二の次ですし、残り布で気軽に作れます。

  本体と後ろでリボン結びする紐となるパーツを裁断したら、あらら、バイアステープの分が足らなさそう。

  そこで、毎度ながら捨てないで取っておいた他の作品のバイアステープの残りを継ぎ接ぎして、必要な長さをぎりぎり確保したり、別の残り布でテープを作ってみたり。

 まるで残り物の料理状態です。7年もの前の素材がメイン、と言うのは、冷蔵庫の中のやや干からびかけていた野菜や賞味期限切れの食材で、何かつくるのと似ているかも。(^^ゞ

  ツギハギの残り物料理っぽさは、完成出来たら、ご披露させていただきますので、しばらくお待ちください……と書いて、自分にプレッシャーかけます。

  手ぬいが時間切れになった理由は、昨日セリアで買った石膏ボード用の3ピンダブル強力フックなるものを洗面所の洗濯機の後ろに取り付けたりしていたからです→いいわけ(^^ゞ

人気blogランキングへ