image
 
  ワクチン予約の騒動ですっかり影が薄くなっていますが、要予約だったマイナカードの受け取り、だいぶ前に予約したのですが、とっても暑い本日、区役所で受け取りました。

  汗をかきかき半時間以上歩いて到達しましたが、ワタシあるあるで、定刻より早く着いてしまいました。

  まぁ、仕方ない、待つかと思いましたが、どうやら空きが出たのか、ありがたいことに早めに受け付けてもらえました。

  こう言う融通、昔の役場や官系のサービスでは乏しかったので、助かります(子ども時代、渋谷駅の線路沿い、今はマルイのある辺りにあった日通の荷物受取窓口で、猿の干物みたいなオッサンがまだ若かった母にハンコの位置が数ミリズレてるから出直すようネチネチ言った、そんなのがザラにありました→何十年経っても覚えてるほど横柄でしたよ💢)。

  大文字の半角アルファベットと数字で一つパスワード設定、あと3つ、数字四桁のパスワード設定、こちらは全部同じで構わないとの事。

 まずは案内葉書、だいぶ前に送付された番号の書かれた紙、本人確認の顔あり公的書類のチェックをしてもらい、番号札とパスワードを書き込む用紙を挟んだボードを持たされ、しばらく待ちました。

  別の窓口で係の人からは見えないように置かれたディスプレイにパスワードを自分で打ち込み、それをカードに読み取らせ、説明の紙をいただき、軽く説明をお聞きしたらおしまいです。

  ネットバンキングなどでパスワードの打ち込みに慣れてると、そんなに大仰な事ではないのですが、受け取り場所の区役所会議室に来ている中では、どうやら最年長でした、ワタシ。

  年長の友人で、更新もあるし、めんどくさいから申し込みしない!と言ってる人もいるし、接骨院の元気なおばちゃんずの間からあたしらには分からないからやらないわよっ!と聞こえて来たこともあります。

  ホント、最近のデジタル化とやらはシニアにはしんどい! 

  かくいう私も、当初はマイナポイントなんかに釣られるもんか!と思っていたのですが、役所から来た書類には番号が記載されてるし、抵抗しても着々と進んでるらしい、なら、マイナポイントもらうべ、という無節操かつ浅ましい根性で前言撤回して、期限ギリギリに申し込みましたが、素直に早めに申し込んだ人たちにはあった上乗せ特典、慌てる◯◯にはありません。😓

  ところで、区役所でマイナポイントをもらう案内の紙を貰ってきたのに、寄贈型リサイクルショップに持ち込むリュックを入れたブティック袋に差し込んでしまっていたらしくて、気付いたら無くなってました。

  そう言えば、昨日も帰りの電車のどこかで、不織布の上に重ねた気に入りの布マスクをなくしてしまいました。

  マイナポイントの申し込みについてはウェブで調べがつくでしょうけど、マスクの紛失はガッカリ&ガックリ
_| ̄|○

  4月末にも友だちがくれたリバティプリントのお気に入りマスクで同じことをやらかしてて、重ね重ねすごく残念ですが、厄落とし!と思おう。

 これから都会や混む場所に出る時は、布マスクの上に不織布マスクにするもん!