image
  新型コロナワクチンの接種券は来たけど、8月のお知らせをお待ちください、と書いてあった旨、以前に書きました。

  そこから申し込んでも猛暑時期になりそうだから、涼しくなってにする、と決めたことも併せて書きました。
 この私の気持ちに対して大概の人はまぁ仕方ないねと言う反応です。

  中にはどこそこの眼科ではいきなりでも打ってくれるのがわかったので、行ってきたなんて人もいます。

  打ちたいなら出来るそうだよとは言っても、打った方がいいとまでは仰らない。

  ところが、今日しばらくぶりに会った一年年上で一回目接種済みの友人にかくかくしかじかだから、涼しくなってにすると言うと、心配してくれての事だとは思いますが、そうは言ってもどこそこも受付てるから、打てるときに出来るだけ早く打った方がいいと言われました。

  正直なところ意外です。

  他の件に関しては彼女はリベラルでお上の言うことは鵜呑みにせずに、いろいろ考える人なのですが、春先の自粛要請から、新型コロナウィルスを極度に恐れるようになり、立ち話はいいが、会食はできない、とはっきりお断りされました。

  他のワクチン接種済み、またはこれから受けると言う積極派の友人たちで、ここまではっきりノーを言う人はいません。

  念のため申し添えますと、私は相手が一緒に食べたいと意思表示しない限りは、よほど気心の知れた間柄でなければ、こちらから積極的に声かけはしないようにしています。

  彼女はその気心が知れた一人のつもりだったので、声かけをして見事に振られたのです。

  それはそれで仕方ないのですが、気になるのは彼女の旦那さまは医師であると言うこと。

   自治体所属で医療行為を行われているらしいのですが、そこで耳目にした様々な事例を聞いて、彼女がウィルスに対するビビり度を増した可能性があるかも。

  でも、ほかの人がそばにいる立ち話ではなかなかそこまで聞けませんし、メールだと、こんなデリケートな事柄はうまく伝わりづらいし……

  どうも、早急にワクチン打たないと危険人物視されそうな雰囲気があるので、しばらく会うのはやめようと思います。

  一方で、月に一度くらいは楽天モバイルから電話をしてお話しする一人暮らしの母の親友、御年90に近付いておられるので、先方が積極的に会う算段をされない限りはお声だけにしていますが、先月、ワクチン接種についてお尋ねしたら、最初はしました、とおっしゃったあとに、ひっそりと実はしてないとのこと。

 この方は近居の娘さんが薬剤師、婿さんは医師です。

  娘さんのこともよく存じ上げているし、長年に渡る親子関係を見ていて、娘さん夫婦がワクチン接種は絶対にしなくてはと考えておられるなら、何が何でも接種するように仕向けられるはずなのです。

  なのにしていない。ご高齢なのに。
 
  リウマチ持ちだからなのか、加齢とストレスで帯状疱疹を発症されてしまったからかどうか。

  春先まではそこまで神経質ではなかった友人の豹変ぶりと、ご高齢の友人の自然体と……共通点が二人ともリベラルなのと身内に医師がいるなので、私としては大いにとまどっているのです。

  市からの手紙には待てと書いてあるし、行きたいイベントのチケット取りを頑張る時のような気合いもわかないし、梅雨明けに近付いてのこの暑さなので、当初の思い通りにしようと思っていますが…………。

   ファイザーは3回接種が必要かも、とか、変異種には効きが悪いとか、そのうち日本製ワクチンが出回るとか、色んな情報があって、この際、待てば海路の日和ありってことにいたします。