image

 朝から雨。

 自宅で室内30℃で過ごして来た身に、一気の気温低下は堪えます。

  暑くても寒くても順応出来ないのが年寄りと言うものですかね。トホホ

 北海道ではストーブをつけた地域もあるとか。

 何が何でもやる!でやっちゃったオリンピックもせめても立秋過ぎスタートなら、暑さで絶不評は免れたのでは?なんてことも思います。言うても詮ないことですが。

image

 野菜をいっぱい食べてお通じ快調!と言うのを越えて、なかなか悲惨な状況なのも、体が急な冷えに対応し切れないからだ!とこれを引っ張り出して、腹巻のポケットに入れました。

  今回、出発間際に綿のカーディガンと腹巻を荷物に突っ込んでおいてよかったです。

  もう30年は山と自宅を行き来していますが、それでもしばしば気候の差に戸惑うことがあります。

  だいぶ前の夏も雨ばかりで寒くて、確かストーブをつけたことがあったかと思いますが、持ち物、特に着る物は外れることが結構あります。

  もしもの時に備え、ウサギ山小屋に置きっぱなしの服にはフリースのパーカーや分厚いソックスもありますが、下半身対策が不十分なのは否めません。

  タイツ、スパッツの類、一、二枚は常備しておいた方が良さそうです。

  かくして、二重在庫の必要性からも、あまり着なくなった衣類をスッパリ捨てる訳には行かないのです。

  と捨てられない言い訳します。f^_^;

  太陽が顔を見せれば、高原ならではのさわやかな夏を満喫!となりますが、雨の日が続くと冷え込みます。

  気象情報ではしばらくは雨ばかり。九州、中国地方など他の地域もとても大変そうで、晴れ乞いをしたい気持ちです。