先般書いた方法でやってみました。

  まずはガラケーに挿したSDメモリカードにアドレス帳のバックアップをして、それを何とかパソコンで取り込みました。

  取り込んだものは直ぐに分かるようにデスクトップに置きました。

  そして、auのサイトからダウンロードしたアプリでこのデスクトップに置いたファイルを変換すると、デスクトップ上には新たなファイルが出現します。

  この新たなファイルを、メールで新しいiPhoneに送信すると、受信側はこんな感じになります。

image
  個人情報塗りつぶしてしまった上に、バッテリー持ちをよくするため画面を黒くしてるので、メール画面だという事が甚だ分かりづらいですね。

  なお、未だ回線切り替えをしていないために、ホームWi-Fi経由で、iPhoneSEに受信させました。

  このメール、最初はgmail宛てにして、ブラウザで開いてみたのですが、な〜んの反応もありませんでしたので、改めて iCloudメール宛てに送ってみたところ、au公式サイトにある通りの展開になり、260近いアドレスを取り込むことが出来ました。

 アドレスは「連絡先」というアイコンの中に入りました。




 ところで、「連絡先」を開いてみたら・・・どうして? 八ヶ岳でいつもお世話になっている友人、「あ」行の姓なのですが、見当たりません。

 え、取り込めていない?と思って、検索を掛けてみたら、後ろの方にいました。

 どうやらフリガナを振らないで登録してしまったらしいのです。フリガナに沿って、あいうえお順で収まっているらしいので、後ろの方にはフリガナがないらしいアドレスが他にもいくつかありました。
  
  友人のアドレス画面で編集機能を選ぶと、フリガナ欄が空白だったので、そこに文字を入れると「あ」行に移動していました。
 
 なるほど〜と一安心です。

 さて、電話を掛ける時、受ける時にはこの「連絡先」をどう使うのでしょうか? どう表示されるのでしょうか?

 iPhone8の利用歴は3年を越えましたが、データ通信専用なので、iPhoneで電話を掛けたり取ったりの経験が全くないのです。(^^ゞ

  今まで知らなかった事をやってみるのは、ドキドキですが、昼間っから眠たい目も覚めてくれそうです ( ´艸`)。

人気blogランキングへ