今日は阪神淡路大震災の慰霊の日。

  そしてトンガの噴火は、通信が途切れているとかで様子が分からず心配です。

  人的被害が大きくない事を引き続きお祈りいたします。

  昨日書いたやたら大音量で何度も鳴った津波警報は、神奈川県だけの現象で、配信の設定ミスだったそうです。

  一昨年のゴールデンウイークには略字GWに合わせてか「我慢のウィーク」なる珍妙なメールを配信した神奈川県(なんだ、このダサさは💢と思いました)。

  気分が下がる、睡眠時間を奪うメール配信は免疫力を落とすかもなので、ぜひぜひやめていただきたいものです。

  
  さて、オミクロン株が幅をきかせ、感染者数増大で、3回目のワクチン接種をすべての人へという方向になっていますが・・・

  オミクロン株について、Yahoo!ニュースで忽那さんというお医者様が書いておられるのをざっと見ると

オミクロン株感染者も重症化しないわけではない

 との事です。



 これ、本文と併せて素直に読めば「今までの新型コロナ感染症よりはおおむね軽い・・・が油断めされるな」と言う事だと思います。

 週末のNHKニュースの流し見でもだいたいそんなニュアンスでした。

 こういうのを見ると、なんだ、それじゃ、普通のインフルエンザの方が辛いじゃん・・・と数年前、インフルエンザの予防接種を受けながら、悪寒、発熱で医療機関に行ってインフルエンザ判定された経験から思います。

  でも、インフルエンザ予防接種って、年によって受けたり受けなかったり。

  高齢者や基礎疾患のある方は重症化しやすいから、受けた方がいいですよ、それに医療関係者も・・と言われて来ましたが、そういう状況じゃない一般人は、年によって受けたり受けなかったり、そもそもワクチンが足らないからとお断りされる年もあったりして・・・

 でも、だからと言って、必ずインフルエンザにり患して、すごい辛い思いをするものでもなかったし、周囲からもワクチン接種しないから、旅行に行ったらダメとか、一緒に食事はしないというような反応は皆無でした。

  とりついた宿主が死んでしまうと不活性化してしまうので、変異して宿主を殺さないようになっていくというのがウィルスの生き方(?)らしいので、新型コロナウィルスはそろそろ弱毒化、その分感染力が増しているのではないでしょうか?

  ですから、小さい子どもも含めて、国民皆接種、既に2回接種済の人は3度目を・・という方針には違和感を感じます。

  もちろん、不特定多数の人と接しなくてはいけないお仕事だったり、医療関係者、基礎疾患があったり、後期高齢者の方などは、インフルエンザ同様に予防接種を受けておいた方が安心でしょうし、希望者は受けられるようにしたらいいとは思います。

 が、みんながみんな漏れなく打ちましょう!ってのはなぁ。

 今回のワクチンは世界中に急速に拡大したという緊急事態に備えて、いわば突貫工事っぽい感じで配布されたという前提があります。

  経口避妊薬みたいなものひとつとっても、海外に比べ、えら〜く慎重だった今までの日本のありようとは大差があります。今までだったら実績不足と門前払いを喰わせるのが通例だったのに、今回だけは大急ぎで採用した。

 あまりの対応の違いに不安があります。今までの日本のやり方から言えば、新コロワクチンって未完成品だよね。 だから、ブレークスルー感染があるからと3度目の接種をと言われても、副作用的なものがあとから出て来るんでは?と心配。

 いいんですよ、ワタシは。老い先短いし、もしも何か出て来ても。

 ですが、先が長い若い人たち、その若い人たちは持病がおありとか、よほど不摂生な生活をされているなどがなければ、重篤化するケースはかなり少ないのに、転ばぬ先の杖でワクチン接種してしまっていいんだろうか・・・と老婆心ながら心配しておるのです。特にこれから心も体も育つ10代以下の一般的な健康状態の子どもたちにまで接種の必要があるのだろうか。


  ぶっちゃけ、昨年は接種をしてないと言うと、えらく周りから心配されるし、人によっては付き合い方すら変えられたりしたもので、ああ、めんどくせぇと思ったので接種した忖度ババァです。

 世の中とは、このような「ああ、めんどくせぇ」「余計なトラブル避けたいわ」で、ひとりひとりが内心でははてなと思うところがあっても、提供されたものに異を唱えず従い、賛同を現したことになってしまう事で悪い方向に流れて行く事は多いんだろな・・・と思いつつ、抵抗勢力になる元気もないトホホです。

 大東亜共栄圏だとか、鬼畜米英とか、ハイルヒットラーでみんなが盛り上がっている時に「そんなの嫌だ」「おかしいよ」と言うのは(実際に拷問とか待っていたようだし)すごい勇気がいるんだなと思います(映画「ジョジョラビット」のお母さんを思い出します)。

人気blogランキングへ