2年ぶりに外出自粛宣言等なしのゴールデンウィーク。
  
  平日ではありますが、連休になっている方々も多いようで、本日の鎌倉は小町通の混雑ぶりは相当なものでした。

  鎌倉殿の13人効果もあるのかなぁ?

  鎌倉って、京都や奈良のような大寺院は少ないし、形として残っている鎌倉時代の建物等は非常に少ない。いや、ほぼ無いって言っても良いのでは?(;^_^A

 そして、歩道のない狭い道に3ナンバーの車が通っていたりして、古都としての風情と散策しやすさはいまいちだなぁとは思うのですが、よ〜く見ると、結構石碑や説明看板が多いところではあります。
 平時は文字情報の多さから、軽くスルーすることが多いのですが、そういえば、実家の菩提寺から北鎌倉に抜ける亀ヶ谷切通しの手前、小さな地蔵堂に「大姫」の文字があった・・・あれはこういう事だったのか・・・と昨晩の心冷えるシーンを見て、思い出したりします。

 小町通の食べ歩き店や人気店前に行列をつくる人たち、美味しいひとときの後はそういう地味な史跡、石碑や看板にも目を留められるのでしょうか?

 今日は若者率が大変、大変に高く、ふだんの主役(?)中高年の影が薄くなる程でした(我々も含め、中高年もそれなりにはいらしたんですけどね)。

 で、今日は子育て仲間の友人が小さくて素敵なギャラリーでBGM的にギター演奏をするのを友人二人と待ち合わせて聴かせていただくのがメインの外出であります。

 その前に腹ごしらえ!

 以前、かながわPayの対象店なのに月曜定休だと諦めたお店、ゴールデンウイークだからか営業していました。しかも、我々が入店後、直ぐに満席になりました(そもそも人気店なので、予約をしないと厳しい状態で、1階カウンター席を運よく確保出来ました)。

image

 前菜、湘南シラスのサラダと人参ポタージュ。

image

 白身魚のなんちゃら・・・(最近、しゃれた料理の名称、見ても聞いても直ぐ忘れる・・トホホ)

 これに食後の紅茶(友人二人は珈琲)をつけて、ちょっとふんぱつしました。

 おいしいお料理でお腹を満たした後、いい音色のギターを、かしこまってではなくて、気軽におしゃべりしたり、素敵なメゾチントの作品を拝見しつつ聴けるって、なかなか貴重な機会。

 友人曰く「構えて聴いてもらうより、かえって気楽に弾けて良い」との事です。深い音色・・・ギターは楽器の王様という呼び方もあるのが分かります(ピアノが、というのもあるけれど、ピアノは持ち運べないので、制約が大きいですよね)。

image

 メゾチント、版画の技法のひとつで、ヨーロッパで始まりました。

 浮世絵のような版木を使う手法とは違う持ち味。今日拝見した作家さんの作品、繊細で美しかったです(表現力不足ですみません)。

 音色と作品を堪能して、最後にコメダ珈琲店でひと休み。

 私が提示したクーポンで、普通サイズ→たっぷりサイズにアップ出来ました。コメダ珈琲店も入店した時は席があったのに、間もなく満席になってしまったので、今日はお店についてはラッキー!
 ヽ(^o^)丿

 すてきな1日でした。(^_^)v

人気blogランキングへ