昨夕、前触れもなく家人Cがさすらいの旅に出まして(一応行き先は告げてくれてます)、それより早く朝のうちに家人Aは義実家の片づけにと出て行きましたので、昨晩、今日、嬉しいおひとり様です!
 ヽ(^o^)丿

 昨日は早く目が覚めてしまったため寝不足、そして家に誰もいない気のゆるみから、必要最小限度の家事をしてお茶を濁しておりました。たまにはいいんだよと言いつつ(全然たまじゃないような(;^_^A)。
  
  沖縄県が早くも梅雨入りしたというニュースを聞いた本日、当地は絶好のお出かけ日よりですが、そういう日は絶好の片づけ日よりでもあるので、朝からちびちびと片付けています。

image

 テキパキ出来る人が見たら、でんでん虫並みだろうなぁ・・

 しかし! でんでん虫でも前には行っているのです。

 若くて元気いっぱい、先が長い場合は「ときめき」で判断してバッサリというのもあるか思いますし、年齢を問わず判断が早く割り切りがいい人なら、ダラダラ時間を掛ける事はないと思います。

 が・・・・そうじゃない人が、無理やり頑張って一気呵成に処分!とやると大概後悔すると見聞きします。

 もちろん全員がそうではありませんが、シニアのいいところは割と時間持ちでいられるところ。

 体力や気力が下がり過ぎると、いかに時間持ちでも判断や処理が難しくなりますから、先延ばしせず、カタツムリペースで良いからコツコツと少しずつ片づけるべし!

  手放し時かどうか悩むものは、無理やり速攻捨てではなくて、しばらく置いて、そこから判断しても遅くはないと思うのです。

  最初はもったいないとか、使うかもと思って温存して置いたものが、数週間、数か月経っても、動かされる事もなく鎮座しているのを見て「要らん」と判断、処分。

 寄贈型リサイクルショップ持込や資源回収に出すのにはもったいないと思う時は、メルカリやヤフオクに出品します。 そこで誰も買い手が現れないと納得して手放せます。 もしも、お買い上げいただけたら御の字!(^-^)

 そうやって処分して「ああ、やらかした」と後から後悔したもの、全くの0ではありませんが、限りなく少ないです。

 コツコツ減らし続けると、鎮座品がいた場所にだんだんすき間が出来て、違いが見えて来るので、小さな達成感があります。

 非公開のInstagramで供養と称してお別れしたものの写真をアップロードすると夏休みのラジオ体操のスタンプみたいで、ああ、これだけ手放せたとさらに励みになります。ちょっと手間ですが・・・(^^ゞ

  達成感>後悔

 コツコツ法で片づけているうちに、以前なら到底手放す気にならなかったものにも段々手が伸びるようになってきました。

 今日は作って楽しんだが、殆ど出番がない手ぬいのものに着手しました。

 一生懸命縫ったから、速攻で資源回収に出すのはなぁと思うし、縫い目が不均質なハンドメイド品は、ミシンこそ!で来た高齢者世代がメイン客層の寄贈型リサイクルショップに出しても、売れんだろなぁ・・・・で、目立つ汚れがない手さげはダメもとでメルカリに出品。

 元がシーツのリメイクなので、布地が傷んでしまったブラウスは洗って干して資源回収に出します。

DSC_1600
 
 このほか時限をもうけ「要る方に分けなかったら処分します」と宣言しておいた家人Cの部屋から出て来た古着も干せる量だけ洗濯しまして、乾いたら資源回収へGO!

 何と中にタグ付きの新品が混ざってて、これは寄贈型リサイクルショップ行きに決定。


 私の場合はまずメルカリかヤフオクでスタートすると後悔ほぼ0ですが、どちらもそれなりに手間と気を遣うので、今日みたいな過ごしやすいお天気で、かつ自分に元気がないと出来ないのが難です。

 あと、紙モノは資源回収一択しかない場合が多いので、納得感がなかなか得られないのが困りもの。なので、割と後回しです。(^^ゞ

 ウダウダ言いつつも、コツコツ進むのだ!<ぢぶん

人気blogランキングへ