ごめんなさい、改悪って書いちゃいますよ。

 だってね・・・去年までは5000ポイントで5000円分のVJAギフトカードを交換してくれていたVISA系カード会社で5000ポイント貯まったから、わ〜い交換だ!と思っていたら・・・

image
 えっ、5500ポイントないと交換してくれないの!

 知らなかった・・・いつの間にかシブくなっているじゃん!

 実は最初に気付いたのは、同じくVISA系の東横インりそなカードのサイトを見てでした。

image

 変だ! 東横インギフトカード1万円分交換のために必要な100ポイントはたまっているはずなのに、急に増えているではないの。500ポイント以上あるぞぉ。

 しめしめ、他のものにも変えられるのかも知れない。

 と思って、ポイント交換のページに行くと・・・

image

 あちゃ〜! 去年は100ポイントで替えられたのに500ポイントで交換になってる。

 だからの増量なんだなというのは分かりましたが・・・

 500ポイントあっても、東横インギフトカードを貰ったらそれでいっぱい、いっぱいで、他のポイントに交換は出来ないと分かりました。(´・ω・`)

 そして、VISAカード共通の情報として・・・

一部ポイント移行サービスの交換レート変更のお知らせ
2022年4月1日(金)より下記のとおり、一部サービスに関し交換レートを変更させていただきます。

 掲載されている一覧表を見ますと、一部というより、殆どという感じで、カードポイントを他社ポイントに交換する時のレートが1ポイント=1円から1ポイント=0.8円に切り下がっておりました。😞

 もともとがえらくポイント付与率が低かった東横インカードでは確かにポイントがたまりやすくなった感じはありますが、交換してくれるレートも上がったので実質的にどうよという話だし、以前とポイント付与率が変わっているようには見えないVISAカードの方は、自社ギフトカードへの交換も他社ポイントの交換もレートが落ちているではありませんか。

 ユーザー目線では改悪にしか見えないんですよぉ。(ノД`)・゜・。

 カード会社が利用するとポイントをくれるのは、カード決済を利用している企業から頂戴する手数料のごく一部を分けてくれてるんだと思うんですが、各種Payが幅を利かすようになって、カード会社の利益が少なくなっているからなのでしょうか?

 それとも、日本全体を覆う暗雲がごとき不景気のための切り下げなのでしょうか。

 ともあれクレジットカード会社も、銀行などの従来型金融機関と足並みをそろえてサービスが低下しているようであります。


 それにしても・・・カード会社からのお知らせ、こういうのは来ないのね。

 毎月web明細をチェックするためにログインしている画面でも、パッと見気付くような場所に記載されていなかったと記憶してます。

 知っていたら年度末までに交換していたという方もいらっしゃるのでは?

 ヽ(`Д´)ノプンプンヽ(`Д´)ノプンプンヽ(`Д´)ノプンプンヽ(`Д´)ノプンプンヽ(`Д´)ノプンプン

  食品はじめさまざまなものが値上がりしていて痛いのに、ささやかなお楽しみアイテムも条件悪化。

  家庭内のエネルギー費も高騰が止まらず、これから気温上昇が見込まれる中、庶民は暮らし向きが本当に心配です。

人気blogランキングへ