お天気下り坂で、今朝は涼しくなってホッとしています。

  Yahoo!やGoogleなどの無料メールアドレスの方がむしろ詐欺メールに対するフィルターが効いていて、めったに詐欺メールが入ってこないのに比べ、有料の@niftyや、以前有料で利用していたためか未だに鷹揚にwebメールが使えるplalaの方が、詐欺メールをしょっちゅう通過させてしまいます。

 なので、この二つはメールソフトで受信する前にまずwebメールをチェック。

 今朝はどちらも受信箱に不審なメールは入っていませんでしたが、niftyの迷惑メール箱を見てみたら、いましたよ〜。
国税庁騙りメール2022-8-28

 国税庁を騙るメール。

 再三ブツクサ言っていたからかどうか(な訳ない)この1、2か月、niftyのフィルターは改善されているようでありまして、このメールが受信箱に入っていなくて良かったです。

 国税庁のサイトにもこんな注意喚起がありました。

e-Taxが送信するお知らせメールは、定型文で「税務署からのお知らせ」等のメールの種類に掲載している件名や本文のみとなります。 送信元表記や件名、本文を「税務署からのお知らせ」等メールに偽装又は内容が酷似したメールは、e-Taxから送信したものではありませんので、取り扱いには十分にご注意ください。

「税務署からのお知らせ」等メールには、 添付ファイルを添付することはありません ので、添付ファイルが添付されている場合は、取り扱いには十分にご注意ください。
現在、e-Taxから送信される「税務署からのお知らせ」に類似したメールが送信されていることが確認されております。

「税務署からのお知らせ」は、メッセージボックスに情報が格納された場合などに送信していますが、心当たりのない方は、それらのメールに表示されたリンク先をクリックしないでください。また、心当たりのある方におかれましても、URLを確認してからクリック するなど、慎重に対応いただきますようお願いいたします。

 最近、Twitter上で、電話番号宛てのショートメッセージで国税局を名乗り、差し押さえ通知が来たというのを見ました。

 Amazon騙り、クレジットカード会社騙り、証券会社騙り、えきねっと騙り・・・騙りだらけで、次は国税庁(または国税局など、要はお役所系)からですかぁ・・・。

 そういえば、以前はハガキでのお役所騙りが届いた時期がありましたが、時代はすっかりSNSと電子メールに移っているのでありますね。

 このハガキが届いたと書いているのが2019年2月、あれから3年半。もう詐欺ハガキは見ることがなくなりました(はがき代値上げも響いているのかも知れない💦)。



  相手の住所姓名を知らないと出せない上、1通63円がかかるハガキ詐欺より、圧倒的にコストカットですね(全然褒めていない💢)。

  生きて行くという事は、時として嘘つきや騙し屋との攻防だなと思う事ありますが、日曜の朝から気分悪くなるお話で失礼しました。🙇

 何はともあれ、これからも気をつけなくちゃ!

人気blogランキングへ