昨日、モワッとしつつも自宅で契約している電気についての疑問がひとつ解決したのは電話代を気にせずに通話できたからでした。

image

  楽天モバイルが有料化されても、無料で通話できるアプリで音声通話がクリアに出来て、場所によっては圏外になる現象を経験しなかったら利用を続けたかったです。これ本音です。

 ですが、音声通話が時々不調に陥るためにUQモバイルにしたのです。

  UQモバイル、今月から料金制度が変わり実質的に割高になってしまったようですが、先月末までのプランでは60歳以上のシニアは、24時間かけ放題付きでも、自宅のインターネットや電気、クレジットカードなどをグループ企業と契約しない『素』の料金でも1ヶ月2400円ちょいです。

 ネット上でいろんなことを完結出来る方にとって24時間カケホなんて無駄、せいぜい5分でいいじゃん、それなら他にもっと安く使える通信会社とコースあるよ、と言うところでしょうね。

  しかし、指先の動きが悪く、老眼は進み、文章で説明するのが億劫なシニアは、やっぱり電話をかけて姿は見えなくとも直接お話ししてことを進めたいのであります。

  昨日の問い合わせも東京電力エナジーパートナーの方はフリーダイヤルでしたが、東京電力パワーグリッドは市外局番から始まる普通の番号でした。

  パワーグリッドはすぐに電話が繋がったので、実際は5分でも充分だったかもですが、もしも待たされたとしてもイライラしないで済んだと思います。

  ちなみにカケホの敵(?)はカケホが適用外になってしまうナビダイヤル。あれは固定電話が主流で、市外に電話をかけると距離によりかなり料金がかさむ、それを何とかしてあげたくて全国どこからでも一律の料金でと言うサービスですが、もはや時代遅れのようです。

   ナビダイヤルを掲げている時にはそのそばに市外局番から始まる普通の電話番号がないか探してそちらにかけるようにしています。

   が、見当たらない時には極力固定電話を利用します。

   我が家にはナビダイヤルを利用して、調べる間待たされた後に長々と食い下がり通話料金千円以上請求された人がおりますもので。💦

  カケホのはずが1000円はショックですからねぇ。

  普段あまり長電話はしない方ですが、今年初めの転居の前後ほどカケホがありがたいと思ったことはございません。

  役所、金融機関、インフラ関係などなど、罫線付きB5ノートの1枚を埋めるほど、あれこれ問い合わせをせざるを得ませんでしたので(ウサギ山小屋分、多くなります)。

  カケホのおかげで納得行くまで問い合わせ出来ました。

  時々昨日のような問い合わせをせねばになりますが、引っ越しに伴う問い合わせの一通りは終えたのでカケホはもうそこまで活躍しないのですが、やっぱり安心!

  何となれば今はまだちょこちょこ動き回れますが、出かけるのがしんどくなった時には、友だちと長話したくなる、そんな時もあるだろうからです。

 そして、母の親友のような年長の方とはゆっくりお話ししたいですし。

 さらに高齢者あるあるらしいですが、うっかり電話を切り忘れてもカケホなら安心です。

image

  もはや我が家は家族でバラバラの携帯電話会社を使っていますが、家人Aは私と同じくUQモバイルのカケホ付きです。

  頻繁と長電話している模様でつけといてよかったカケホと申しておりますが、話が必要以上に長くなって困っているお相手がいらっしゃるかも❓❗️😅