新コロワクチン接種を境に味覚障害になってしまった話はずいぶん前に書きました。

IMG_5159

  当時家人Aが転倒からの救急搬送で深夜に及ぶ検査から帰宅した翌朝にはマンションの排水管工事の仕上げで立ち合わねばと言う状況だったこと、その後は転居に伴うあれこれで、心身ともに休まるひまがなかった事。

  それにこの年になると医療関係者から言われる定番のお言葉『老化です』もあるでしょうから、100%ワクチンの副作用と決めつけは出来ないんですが、濃いグレーだとは思っています。

 で、耳鼻科の先生から、血液検査の結果、味覚異常の原因となりがちな亜鉛不足もないので様子見です、と言われてからだいぶ経ちました。

  最初の頃は、何を食べても昔の苦〜い粉薬を溶かしバターに混ぜ込んだような味がして全然美味しくなくて食欲不振になり、その後のストレスもあり、激痩せに至ったのですが、粉薬状態は脱し、完治はせぬものの、そこそこ味がわかるようになりました。

  ところが最近また口の中が苦いです。食べている時ではなくて、食べていない時に苦いと言うかしびれに近いような感覚でピリピリします。

  おそらくは花粉症爆発で気がつかない間に口呼吸をしている、しかも空気が乾燥しているからもあるのでしょう。

  が、どうも心の状態と舌の状態が繋がってるのでは?と言う気がします。

  前々から、友だちと出かけたり、会食したり、楽しい、嬉しいと言う状態だと味覚や舌の事、ほとんど気になりませんでした。

  昨日書いた楽しい道なら遠くに感じないと似たようなものかも知れません。

  が、家にいる時、それも有り体に言ってしまえば家人Aも在宅であれこれ言ってくる状態の時はピリピリがかなりキツイです。

  これ、夫在宅症候群とか夫源病の現れですかね。💦

  まぁ、正直言って、現れても仕方ない日々だとは思っています。

  家人A、しばしば自分のことは棚に上げて、ちまちまと指摘したり、仕切りたがります。

  もはや言い争う元気は無いのでふんふん言ってスルーしますが、当地に転居後、八ヶ岳は別として日帰り以外の外出は全くしていません。

  ならば私が出るっきゃない!

  出かけ先ではとても楽しいのですが、片付けは滞ります。帰宅して、なんじゃこの散らかった部屋はとなると、たちまち忘れてたピリピリが戻って来たりして……💦

 病は気からと言いますが、味覚異常も心と繋がっているようであります。

人気blogランキングへ