新コロ禍のマイナスの影響は数々ありますが、飲食店は休業要請や自粛要請で客足が遠のいて廃業や撤退に至ったところもあり、うどんすきで有名な美々卯もそのひとつです。

 関東にあった店舗は全て撤退😭です。

 美々卯、OL時代の出張時、一度だけ大阪道修町の本店でわんこそば方式で食べ放題をしたことがあります。

  風情ある建物で次々に運ばれて来るうどんを先輩方とわうわう言いつついただいて、皿数はかなりなもの。

  大阪は日帰り出張でとなった平成以降に比べ、昭和の時代はのどかでしたね。

  母が関西うどんが好きだったこともあり、我が家のうどんは基本的に関西寄りの出汁でしたので、美々卯の関東に進出したお店にも行ったことがありました。

  関東のお店にまた行くよ〜がコロナ禍で叶わなくなりましたが、何と、割とお近くに美々卯にいらした方が開いたと言うお店があります。

   今日、世田谷マダムと初めて行ってみました。

E770ECA5-F021-466B-A881-56EA32C6C2A0

 小田急線梅ヶ丘駅近くのビルの地下。こぶりながら落ち着いた雰囲気でお店の方の対応もいい感じで、着席後のお茶は冷たいのか温かいのかと聞いてくださるし、適宜お茶を注いでくださいました。


  朝食からあまり間が空いていないので軽めに湯葉うどん。奈良産湯葉と言うのにそそられました。

  お店の方から鶏肉は大丈夫ですか?とお尋ねあり。

  時々いますよね、鶏肉ダメって人、日比谷公園ぶらぶらした友だちの旦那さまもその1人。

  もちろん我々はOKで、たっぷりの湯葉と味のポイントになる鶏肉を楽しみました。

  あー、この澄んだ出汁とコシのあるうどん、美々卯のお味だ!

  次はお腹を空かせて天ぷらとかセットものを食べようねと誓い合ったのであります。

  その後、公共施設の休憩スペースに移動。しばしおしゃべりを楽しみました。

  解散後、公園の梅の葉が秋色になっているのに気付きました。

  カエデの紅、銀杏の黄色のようなインパクトはない地味な色ですが、これはこれでなかなか風情があると思います。

IMG_5171

 公園の一隅で子どもたちが仮装してハロウィンをお祝いしているグループも見られました。

  近年問題となり、今年は来るな状態の渋谷のハロウィンとは違い微笑ましい風景です。

  しかし、渋谷のハロウィンがはちゃめちゃ度合いを増した理由として大きいらしい路上飲み、あれも過度に自粛しまくらなければ、路上飲みなんてのが大っぴらにならなくて済んだのではないか?

  そんな事も思います。

人気blogランキングへ