メルカリで買った日本製デニムスカートは夏以来大活躍しています。

  ただし唯一の欠点というか懸案事項がこれ。

IMG_5350
 
  ウェスト部分に面ファスナー(私世代はマジックテープと呼んで来たけれど、登録商標だそうな💧)が使われているのです。

  サイズ調節が出来ると言うメリットがあるのだと思いますし、実際に夏の薄着の状態で目いっぱい寄せてフィット感をよくすることも出来ました。

  ですが、面ファスナーあるある現象も起きます。

  それがわかったのは同じくメルカリで調達したアルパカカーディガンを着てるんるん🎵お出かけから帰宅して。

  脱ぎにくいと思ったら、面ファスナーのフック(ギザギザ面をそう呼ぶとただいま学習しました)がニットに食いついていました。😰

  何とか傷めないように外しましたが、毎回この調子でフックがニットに食いついたら、そのうちに生地が荒れて来る事必定です。

  ムムムム……

        端の部分がともすればめくれてしまう面ファスナー。その端のフックがニットに絡まないようにすれば良いのだ!

  そこで、ゴニョゴニョ取り置いてあるテープやリボンの中から、グログランリボンを取り出しました。

IMG_5351

 差し色になるから、赤か水色も良いかもと思ったけれど、結局無難な同系色のリボンをベルトの端っこに縫い付けました。

  安全ピンでグログランリボンを押さえて、面テープがめくれないようにすることにしましたが、そのまんまではいかにもとりあえず感が強すぎます。

  ラジオペンチを使ってこれまた取り置きの元は何かに使われていたビーズで安全ピンに小細工してみました。

  この状態で着てみたら面テープは大人しく収まってくれていて我ながらナイスでした。

  それからもう一つ。

IMG_5346

  ずいぶん昔に買って、一時は死蔵したものの、ここのところのUVパーカー羽織るのも嫌な猛暑で復活したストールです。

  指をレーステープに通して、前のボタンを留めると風通しの良い羽織ものになります。

  この夏はちょいちょい着ましたが、ある日ブチっと音がして片側の指通しが切れてしまいました。ありゃりゃ😅。

  ウサギ山小屋から降りた後は家に篭りがちなのを良いことに補修していませんでしたが、今朝、やっとこ手を入れました。

IMG_5348

 手ぬいの小物の残りとか、オサレ系紙袋から外したものとか、ごちゃごちゃの中から選んだのはオリジナルと似た風合いだけど太めで色も違うリボンテープです。

IMG_5347

 いいもんね、着ちゃえばわからないもん。

  と、完全主義を狙わないのが、自分でお直しをして長く使うコツのようです。

  余談ですが、このストールを死蔵した原因は激辛発言乱発時代の家人Bからイメージに合わない、もっとスッキリした人が着るものだ!と言われたからでした。あれから幾歳月、家人Bも母親のセンス向上を諦めたし、こっちはドンドン面の皮が……f^_^;

人気blogランキングへ