FullSizeRender

  JR東日本が売り出しているお得なきっぷ、キュンパスがなかなかの人気のようです。

  平日に限り、1日1万円で新幹線利用を含め、北陸を除くJR東日本の大部分のエリアに行けて、指定席も二回までなら予約が出来るという事で、多くの人が冬の旅を楽しんでいるようです。

  中には1日分を片道に当てて複数の切符を購入して、旅先でお泊まりを楽しむ方もおられる様子。
IMG_5804

  いいなぁ、いいなぁ・・・

  情報に疎いもので、販売期間は1月14日から始まっていたのに、キュンパスの存在を知ったのが割と最近です。明日で販売期間は終了。

  利用可能期間は2024年2月14日(水)〜3月14日(木)との事です。

  先週末くらいから、キュンパスを使ってどっか行くかぁと妄想しておりました。

  青森や秋田など遠方に行ってとんぼ返りはしんどそうだなと思ったものの、きっぷ代の1万円とあまり差がないのもつまらんし・・・
 
  で考えたプランが、新宿からあずさに乗って小淵沢経由で小海線全線走破、小諸で3月10日まで開催中の『第20回 北国街道 小諸宿のお人形さんめぐり』というのを見て、信州そばでも食して、もう一度小海線に乗って佐久平に戻り、そこから新幹線で東京に戻るという行程でした。

  出来たら軽井沢にも行ってみたいところだけど、小諸に到着するまでに5時間くらいかかるようなので、冷え込みが強くなる時間帯に寒冷地に降り立つのはやめとこう!

  などと頭の中で楽しんでおりました。

  何と言ってもキモは小海線です。小海線、野辺山までなら何度か行ったことがありますが、その先まで行ったことがないし、今の時期、晴れていたら車窓風景が素晴らしいのではないかと思うのです。

  しかし・・・キュンパスで行けるところで、きっぷの元を取ろうとすると、寒いところか雪深いところばかりなのに気付きました。閑散期だから販売するおとくきっぷというところでしょうか。

  もちろん、小海線沿線も寒いでしょうし、頑張って出かけた先で凍結した道でコケたらまずいし、しもやけがパンパンになりそう・・・雨女なので、寒冷地では雪を降らせそうですし。(;´Д`A ```

  更にネットニュースを見ると、キュンパス人気で指定席の予約が出来ず立ちっぱなしという事例もあるとかで、始発の長野駅からなら自由席の空きを探せるだろうけれど、途中の佐久平から東京までたちっぱなしになってしまったら、きついぞ〜。

  と思ったら、妄想がしゅるるるるとしぼんでしまいました。ホント、根性無しです。

  私の描いたコースは他の皆さんのようなきっぷ代の元を取りまくるようなダイナミックなプランではないのでもしかしたら全く人気がなくて余裕で着席できる・・か・・・も・・・知れませんが、期日が迫って来ての利用ですし・・・。

  今年の夏も去年並みにウサギ山小屋に長くいられるのなら、その時に小海線走破を試みたらいっか〜。コケやすい冷え性のオバハンだもの、旅は春以降にするわ。

人気blogランキングへ